コクヨのくふう研究室.第3弾,村井美樹さん,鬼軍曹,書くこと 001

2022.05.18

いま、あえて手で書く意味って?くふうマスター 村井さんに聞くはたらくくふう(第3弾前編)

仕事や学び、暮らしなどを上手に、そして楽しそうにこなしている「くふうマスター」に、トリオ・ザ・くふうがその「くふう」を聞きに行く『コクヨのくふう研究室』。第3弾となる今回は女優でタレントの村井美樹さんをお迎えしました! 前編では、村井さんによるはたらく「くふう」についてうかがいます。

$mt:EntryDataAuthorInfoTitle$>

村井 美樹 さん

2002年、ミス早稲田でグランプリを受賞し、NHKドラマで女優デビュー。クイズ番組や歴史番組など高学歴知性派タレントとしても活躍。テレビ東京系列 水バラ「ローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」では鉄道チームリーダーで「鬼軍曹」として人気。

#コクヨのくふう研究室#ジャーナリング#書くこと好き

村井さん、書いてますか?

くーちゃん:それでは村井さん、自己紹介をおねがいします!

村井:村井美樹です。女優兼タレントです。鉄道旅をしたり、歴史やクイズ番組などに出演しています!

ふっさん:突然ですが、村井さん、書いてますか?

村井:はい!わたし結構アナログ人間で。クイズや歴史、鉄道など情報量が多い番組に出させていただいてるので、書いて覚えることがすごく多いんです。それと自分でノートにまとめたりすることも多くて。書くと記憶に残りやすいですよね。

漢検1級を取ったときの話なんですが、1級って、6,000字覚える必要があるんです。その中で今まで見たこともない漢字がだいたい3,000字、しかもそれが全部難しくて、書き順も「どう書くの?」みたいな、ぐちゃっとしたのが多いんです。だからそれはもう書いて覚えるしかなくて。受験勉強以上に人生で一番書いた数カ月でした。

コクヨのくふう研究室.第3弾,村井美樹さん,書くこと 002うーくん:漢字以外では、書いているものはありますか?

村井:自分でお城ノートを作っていて、お城についての自分の感想とか情報を書き込んでまとめています。だから、書くときは覚えるときと、ノートでまとめて整理したい、ってときですね。

ノートやペン、書くツールへのこだわり

くーちゃん:なるほど〜。では、ツールへのこだわりがあれば教えていただけますでしょうか。

村井:とにかく筆圧が高くて疲れやすいんです。だからペンとかシャープペンシルとかは書きやすいものを選んで使ってます。あと筆ペンも好きです。疲れないし、さらさらって書けるのが良くって。漢検の勉強をしていたときはシャープペンシルの芯は4B以上を使っていました。もうとにかくたくさん書くから、楽に書ける濃くて柔らかいものを選んでいました。

仕事シーンでの「書く」

ふっさん:ふむふむ。お仕事のシーンではどうかのう?

村井:もらった台本にたくさん書き込みます。データで送られてくることが多いのですが、必ず印刷して自分の言葉で書き込むようにしていて。

コクヨのくふう研究室.第3弾,村井美樹さん,書くこと 003誰かが作った台本だと誰かの言葉のままですけど、自分が書くことによって、自分の中に落とし込まれて言葉が自然になるし、理解が深まっていくんです。そうすると、現場に出たときにすんなり言葉が出る。手書きにはそういうメリットがあると思います。

台本はデジタルでも見れるんですけど、紙に印刷して自分の字で書き込まないと落ち着かなくて。マネジャーさんにも、台本をなるべく早めにいただけるようにお願いしています。ロケやスタジオ収録の下準備って意外と時間が掛かってしまうんですよ。特に歴史や鉄道など情報が重視される番組は間違えられないですから。視聴者の方にきちんとした情報を正確に伝えないといけないので、書き込む時間をすごく大事にしていますね

紙に書いて叫ぶ!?

うーくん:ありがとうございます!気分転換したいときに書くことってありますか?

村井:やることがたくさんでうわー!ってなったときはToDoリストをつくって見えるところに貼るようにしています。あとは、考えがまとまらないときは紙に書いて、自分を冷静に客観視するようにしています。ほかにも落ち込んだりイライラしちゃったときに、叫べない分は紙に書いて叫ぶ、みたいな(笑)

コクヨのくふう研究室.第3弾,村井美樹さん,書くこと 004こういうことを一番やっていたのは浪人時代ですね。ポエムみたいなのを書いたりもしてました(笑)。当時のノートを開いてみると、手で書いたものは、そのときの感情や空気が全部よみがえるんですよね。キーボードで打ったのじゃ、そういう感じにならない

自分が落ち込んだときに振り返って昔の日記を読み返すと「あのときも本当に落ち込んだけど、今、乗り越えられてるからまた頑張れるかな」って、よく思います。ほかにも「こんなことで悩んでたの?」「こんな失恋で悩んでたの?」ってちょっと笑っちゃったり。情報として振り返れるっていうことはもちろん、一瞬にしてそのときの時間や感覚に戻れる感じっていうんでしょうか。これは手書きならではなのかなって思います。

ちゃんと書けるのは大人の証

くーちゃん:最後に、書きたいけどなかなか書けないと思っている読者の方に、メッセージを一言お願いします!

村井:私もよくあるのですが漢字って、いざ書くときに出てこないじゃないですか。そして、そういうのって結構恥ずかしかったりしますよね。「え、こんな漢字も平仮名で?」みたいな。だからちゃんと書けるのは大人の証。きれいな字で漢字が書けると大人として素敵だと思います。書くと脳の活性化にもつながりますしね。なので、たくさん書いて、覚えて、スッキリ整理しましょう!

次回は「中編」として、村井さんにコクヨの商品を紹介して、感想をうかがっていきます!

コクヨのくふう研究室.第3弾,村井美樹さん,書くこと 005ではまた、次のくふうで!

【第3弾中編】食レポならぬ「書きレポ」!村井さんが驚いた書き味の商品は?

【第3弾後編】イライラ解消に最適なノートの選びかた、そしてノートでできる愛情表現

コクヨマガジンからのお知らせ

「コクヨのくふう研究室」続々更新中

「コクヨのくふう研究室」は様々なジャンルで活躍する方々を「くふうマスター」としてお迎えし、日頃の活動や、日々の生活の中で行っていること、その中にある「くふう」をご紹介することで、日常をちょっとずつ豊かにするコーナーです。

「コクヨのくふう研究室」のコンセプトやキャラクター「トリオ・ザ・くふう」のご紹介はこちらから↓

コクヨのくふう研究室まとめサイトバナーのサムネイル画像

アンケートご協力のお願い

「コクヨのくふう研究室」第3弾はいかがでしたでしょうか。皆様のご感想をお待ちしております!

コクヨのくふう研究室アンケートバナー.pngのサムネイル画像

コクヨマガジン公式LINEで最新情報をお届け

コクヨマガジンと掲載商品に関する最新情報をLINEでお届けしています。
LINEお友だち限定のお得な情報も随時配信中です。
ご登録、お待ちしています!

友だち追加



この記事を気に入ったら、
シェア&ブックマークしましょう!