トップページ > 商品情報 > Caminacs > スキャナ「キャミナックスW」特長

CaminacsWシリーズ コクヨのスキャナはA3サイズもらくらく!!


ドキュメントスキャナCaminacsW

A3対応なのに、自席で高速スキャン!

<CaminacsW>特長

商品リニューアル これ1台でWindowsにもMacにも対応

POINT1 A4サイズなら、両面最大74面/分・片面最大37枚/分(※1)の高速スキャンを実現。

速いっ!37枚片面/分 74枚両面/分

1分間でA4両面原稿なら74面/分、A4片面原稿なら37枚/分に相当するスキャンをDU-CISエンジン(※2)にて実現。

  • (※1) A4ヨコ・白黒・グレースケール・300dpiでの搬送速度です。
    パソコンの処理時間は含まれておりません。環境条件によって異なります。
  • (※2) DU-CISエンジン…読み取りからデータ化までの処理を効率的に対応。
    2つの解像度をもつCIS(コンタクトイメージセンサー)とさまざまな画像処理機能をマルチに処理するソフトウェアとの組み合わせによって、読み取りからデータ化までの速度が大幅に向上しました。

DU-CISエンジンイメージ図

DU-CISエンジンイメージ

1分間での読み取り速度

モード 解像度 読み取り面 A4ヨコ A3タテ
白黒2値・
グレースケール
100dpi 片面 37枚 20枚
両面 74面 40面
150dpi 片面 37枚 20枚
両面 74面 40面
200dpi 片面 37枚 20枚
両面 74面 40面
300dpi 片面 37枚 20枚
両面 74面 40面
600dpi 片面 12枚 6枚
両面 24面 12面
カラー 100dpi 片面 37枚 20枚
両面 74面 40面
150dpi 片面 32枚 17枚
両面 62面 34面
200dpi 片面 12枚 6枚
両面 24面 12面
300dpi 片面 15枚 8枚
両面 30面 16面
600dpi 片面 4枚 2枚
両面 8面 4面
  • ※パソコンの処理時間は含まれておりません。
  • ※お使いのパソコンの性能やアプリケーションソフトウェアなどの環境により、読み取り速度が低下したり、読み取りに時間がかかる場合があります。

 

このページの先頭へ

POINT2 A3、A4サイズの混在書類をADFで連続スキャン。

凄いっA3・A4サイズの混在書類も一括で案件ごとに

『ADF(オートドキュメントフィーダー)』にA3・A4書類を同時にセットすれば、最大25枚(※1)まで一気にデータ化。A3サイズのスキャンでも手間がかかりません。
また、ソフト上での設定により「連続スキャン」で50枚以上の書類を読み取り、1つのデータファイルとして保存することができます(※2)

  • (※1) A4サイズのみの場合は最大50枚、A3サイズのみの場合は最大25枚までセット可能。
  • (※2) スキャンの際にセットできる用紙の枚数に限度があるため(A4の場合 最大50枚)、読み取る書類を追加でセットしていただく必要があります。 その他の詳細事項は、このカタログの裏表紙部分「A3ドキュメントスキャナ〈Caminacs W〉仕様」部分をご覧ください。

A3・A4サイズの用紙をサイズごとに分けることなく、ADFで一括読み取りが可能です。

このページの先頭へ

POINT3 机上で使えるコンパクトサイズ。自席を立たずに使えます。

小さいっ!業界最小
CaminacsWは、自席に置けるコンパクトサイズ!
だから、他の仕事をしながらの“ながらスキャン”が可能!時間を有効活用できます。
写真:こんなにコンパクト!

コンパクトサイズ(W353×D150×H170mm(※1))なので自席でいつでも気軽にスキャンできるのが魅力です。

  • (※1) A4サイズのみの場合は最大50枚、A3サイズのみの場合は最大25枚までセット可能。

このページの先頭へ

POINT4 スキャンボタンを押すだけの簡単スキャン。

専用のスキャンソフトウェア(標準添付)では、よく使うスキャニング設定を事前にパソコンから10種類登録ができます。スキャンをするときは、最適なファンクション番号を選んで、スキャンボタンを押すだけ。ルーチンワークで毎回決まったスキャンをするときに大活躍です。

スキャナ保存形式

スキャナ保存形式

出荷時のプリセット内容 ※Windows版

出荷時のプリセット内容

このページの先頭へ

POINT5 Macintoshにも対応

専用のユーティリティソフトウェア「CaminacsW Assistant for Mac」標準同梱。

専用のユーティリティソフトウェア「CaminacsW Assistant for Mac Lite」(無償)をご用意しました。
Mac機でもWin機でもどちらの機種でもCaminacsWがご使用になれます。

インストール方法はこちらをご覧ください

<Caminacs W Assistant for Mac Lite版の特長>

1.スキャンしたデータを多彩な形式での保存!

スキャンしたデータの保存形式は、PDF,JPEG(カラー:グレー),BMP(カラー),GIF(カラー),PNG,
マルチTIFF(圧縮:非圧縮),TIFF(圧縮:非圧縮)から選択が可能です。

2.読み取った画像ファイルを「iPhoto」保存!

スキャン(※1)するだけで読み取った原稿をiPhotoにデータを取り込むことができます。

標準の設定で「プレビュー」「Mail」「iPhoto」との連携を設定しております。

  • ・さまざまなフォーマットに保存できるアップル「プレビュー」
  • ・自動的にEメールに添付できる「Mail」
  • ・iPhoneなどに同期できる「iPhoto」

(※1)保存形式が画像ファイルに限ります。

3.Mac OS 10.9にも対応

HPでバージョンアップすることで、使用できます。

このページの先頭へ

POINT6 優れたパフォーマンスでスキャンワークをバックアップ

テキスト付きPDF
原稿の画像スキャンだけでなく、OCR(文字認識)機能を使用して原稿の文章上の文字をテキスト化してPDF保存することができます。フォルダからのファイル検索だけでなくファイル内のテキスト全文検索も可能です。
TWAIN対応(Windowsのみ)
TWAINドライバを採用しているので、TWAINに対応したあらゆるアプリケーションソフトと連携した画像のスキャンが行えます。
メール添付(※1)

スキャン後メーラーが自動で立ち上がりスキャンしたデータをそのまま添付することができます。

(※1)対応のメーラーは以下の通りです
【Windows】
・ Outlook(2003 / 2007 /2010)
注)Win7/8/8.1(64bit)では、一部制約があります。
・ Windows メール
【Macintosh】
・ Mail

このページの先頭へ

POINT7 作業がはかどる、便利な同梱ソフトウェア

パーソナル文書管理ソフトウェアさくっとファイリング

コクヨ「文書管理ソフトウェア〈さくっとファイリング〉」スキャンしたデータやパソコン内の電子データをファイリングするソフトウェアです。
ドラック&ドロップでの簡単登録、ツリー分類表示での登録データ一覧表示、ビューアー機能、「PDF」「Word」「Excel」データ変換できるなど、文書管理データの検索~閲覧~活用をトータルサポート。業務の効率を高めます。

※Mac OS非対応

(注)同梱の各アプリケーションソフトウェアは、1台のパソコンにのみインストールできるライセンスとなっております。2台以上の複数のパソコンにインストールする場合は、必要数のライセンスを別途お買い求めください。

このページの先頭へ

POINT8 名刺~新聞1ページ(A2サイズ)までスキャン可能。小さなスキャンから大きなスキャンまでおまかせ。

名刺、A4・A3の書類はもちろんのこと専用のキャリアシート(別売)を使用すれば、新聞1ページ(A2サイズ)まで読み取り可能。

このページの先頭へ

POINT9 USBデバイスサーバでネットワーク接続可能。

USBデバイスサーバを接続すると今まで1台のPCにしか接続使用できなかったスキャナがネットワークを介して複数台のパソコンから利用することができます。面倒なUSBの抜き差しやスキャナを移動する必要がありません。

※ネットワーク共有を行うには、USBデバイスサーバが必要です。
※スキャナ本体アップデートが必要です。
※Windowsのみ対応

接続イメージ

推奨品 USBデバイスサーバ(別売) ネットワークUSBデバイスサーバ

USBデバイスサーバ

●SX-DS-3000WANに関するお問合せは
サイレックス・テクノロジー株式会社
http://www.silex.jp

SX-DS-3000WANの詳細はこちら

USBデバイスサーバ

●SX-DS-4000U2に関するお問合せは
サイレックス・テクノロジー株式会社
http://www.silex.jp

SX-DS-4000U2の詳細はこちら

商品に関してのサポートセンター TEL:0774-98-3981 電話でのサポート時間 9:00〜17:00(土日祝日除く)

<接続手順>

1.スキャナ本体のファームウェアをアップデートしてください。

  • ファームウェアのアップデートについてはこちら

2.各パソコンに「CaminacsW Assistant」とデバイスサーバの専用ソフトのインストールしてください。

3.USBデバイスサーバの設定を行いましたら、スキャナをデバイスサーバに接続してください。

SX Virtual Linkより Kokuyo ST CO,LTC CaminacsW NS-CA2が選択できましたら、接続は可能です。

4.接続しますと、USBケーブルをパソコンに接続しなくても、CaminacsWの使用が可能になります。

※使用例はすべてイメージです。実際にはスキャンする側を裏面にしてご使用下さい。


このページの先頭へ