誰でも簡単にできる! KPT法の「振り返り」ノート 2022.11.22

24
1
ABOUT

こんな人におすすめ

・仕事が忙しいビジネスマン

・家事に追われている主婦の方

・勉学に勤しんでいる学生さんなど

日々の振り返りが簡単にできる!

KPT法を用いることで、手軽に日々の振り返りができるとともに、課題の改善策を見つけることができます。

SUMMARY

KPT法とは?

KPT法とは、アメリカのコンピューター・プログラマーであるアリスター・コーバーン氏が発案した、自分が取り組んでいる仕事や活動を振り返る方法の一つです。

書き方のステップ

KPT法の書き方は簡単です。線を引いてノートを3分割し、解決したい問題を一番上に書きます。あとは、それぞれの項目ごとに書き込んでいくだけです。

KAKIKATA STEP

STEP1 まずはテーマを決めて、線を引こう

まずはテーマを決めて、KPT法に取り組んでみましょう。テーマは、仕事のことでもプライベートのことでも、自分が解決したいと思うことであればなんでも良いです。

私は「朝なかなか起きられず、仕事に行くのがギリギリになる」をテーマにして、KPT法を行うことにしました。お恥ずかしいことに私はもともと朝が弱く、それがここ最近特にひどかったので、解決したいと思ったのです。

テーマを決めたら、KPT法の準備をします。まずはノートの上部にタイトルを書き入れます。そして、3分割したノートの左上、左下、右上の枠の上部にそれぞれ「Keep(このまま継続すること)」、「Problem(課題)」、「Try(解決策)」と書きます。これで準備は完成です。

IMG_7217.jpeg

STEP2 Keep(継続すること)とProblem(課題)を書こう。

準備ができたら、項目ごとに書いていきましょう。「Keep」の欄には、「このまま継続すること」を書きます。今回私が決めたテーマに関して、前日の夜に「飲酒をしない」「日付が変わる前に寝ている」ことは良い点であり、このまま継続したいと思ったので、Keepの欄に書きました。また毎朝日課としているタスクは行えていたため、「朝やるタスクは落ち着いてできている」もKeepの欄に書きました。

「Problem」の欄には、「課題」を書きます。朝起きられないのは「寝る1時間前にたくさん夕食を食べてしまう」ことが原因にあるのではと考え、課題に挙げました。また当日の朝の状態として、「目が覚めてから少し二度寝してしまう」こともProblemの欄に書きました。

IMG_7222.jpeg

STEP3 Try(解決策)を書こう

書き出したKeepProblemを基に、「解決策」を考え、「Try」に書いていきます。まずProblemの欄で挙げた「目が覚めてから少し二度寝してしまう」という課題について考えました。これは秋になり寒くなってきたことが原因だと考え、「毛布を追加して寝る」ことを解決策として書きました。さらに、「寝る1時間前にたくさん夕食を食べてしまう」ことについても解決策を考えました。現在の生活スタイルの関係上、寝る1時間以上前に夕食を終えるのは無理だと判断したので、「前日の夜に食べすぎない」ことをTryの欄に書きました。

なお、今回はKeep、Problemを先に書いてからTryを書いてみるという順番で行いましたが、必ずしもこの順番の通りでなくとも良いと思います。

IMG_7225.jpeg

STEP4 KPT法で振り返ったことを基に行動し、再度KPT法で振り返ろう

KPT法は一度行うだけでも効果がありますが、継続して行うことでさらに大きな効果が期待されます。

「KPT法を行う → それを基に行動してみる → 行動の結果を再度KPT法で振り返る → それを基にまた新たに行動する...」というサイクルで行うのがいいでしょう。

私の場合は、「仕事終了後、昨晩と今朝の自分の様子を思い出しながらKPT法を行う → それを基に解決策を実行 → 翌日の仕事終了後、再度KPT法を行う → 新たな解決策を実行...」という流れになりました。

前回Tryの欄に記載した解決策は有効であったため、成果とともにKeepの欄に記載しました。しかしまだ課題は残っていますので、その課題をProblemに、課題に対する解決策をTryの欄に、今回も記載しました。

IMG_7230.jpeg

STEP5 さらにKPT法を続けよう

さらにKPT法を続けます。今回で3回目です。

2回目のKPT法で、「エアコン(暖房)を起床時間の2時間前から予約しておくこと」を解決策とし、その晩早速実行したところ、大当たりでした。部屋が暖まっていることで、布団の中にい続けることが逆に苦痛になり、目が覚めてからすぐに布団を出ることができたのです。そのことを成果として記載しました。

KPT法を用いることで、「朝なかなか起きられず、仕事に行くのがギリギリになる」というテーマに対し、有効な解決策を見つけることができました。しかし、やっていくうちに「もっとスッキリ目覚めたい」という欲も出てきましたので、テーマを修正し、今後もKPT法を継続していこうと思っています。

IMG_7234.jpeg

  • LIKE

    記事が気に入ったら
    いいねをお願いします。

KAKIKATA PERSON
相田流慈

27歳男性。地方在住。「書く」ことを仕事としたく、ライターとして活動しています。趣味はカフェ巡りとサウナ巡り。

COMMENT
  • NAME
    匿名
    2022.10.31

    おもしろそう~!!ためになりました!!

MORE
Close

コメントを送信できませんでした。
しばらく経ってから再度実行してください。
(短時間でコメントを大量に投稿する事は出来ません)

この記事を気に入ったら、
シェア&ブックマークしましょう!

CATEGORY

ライフスタイルを豊かにする、書き方のカテゴリー。

RELATED POST
CATEGORY
GENRE