公式アカウント
TwitterInstagram

しゅくだいやる気ペン

かきたくなる。ほめたくなる。コクヨしゅくだいやる気ペン

コクヨのしゅくだいやる気ペンは、
家庭学習の習慣化をサポートする
まったく新しいコンセプトのIoT文具です。

専用アプリ(iOS版のみ)は無料です。

※コクヨしゅくだいやる気ペンモニター調査
(2019年6月2日~6月16日実施。N=86)

NEWS

いつものえんぴつに付けるだけ。勉強への取り組みを分析して見える化します。

やる気ペンで勉強すると、

アプリが日々の努力を見える化

習慣化をサポートします

親子でまわそう!コクヨが開発した

やる気習慣化サイクル

やる気ペンが日々の努力を見える化するから、子どもは書きたくなる。保護者には褒めるきっかけが生まれる。褒められるから子どもはますます書きたくなる。
このサイクルを繰り返すことで、子どもの「勉強する」という行動が自然に強化されていきます。
べんきょう習慣化のコツをチェック!

78%の親子が効果を実感!※

[子どもが自ら家庭学習するようになった]

机に向かうようになった!

※コクヨしゅくだいやる気ペンモニター調査
(2019年6月2日~6月16日実施。N=86)

あの三日坊主くんがついにやりました!

谷口さん親子(小学3年生)

インタビューを見る

勉強は親子で一緒に楽しむもの!

吉原さん親子(小学2年生)

インタビューを見る

しゅくだいやる気ペンの使い方

やる気ペンユーザー
重松さん親子の場合

お母さん 40才:東京都在住。趣味は舞台鑑賞 俊吾君 小学2年生:好きな食べ物はそぼろごはん

16:00

学校から帰宅。
手を洗っておやつの時間

16:30

充電したペンの電源をオン!
宿題をスタート!

勉強に取り組んで
「やる気パワー」をチャージ!
LEDの色が変化します。

17:00

ちょっと休憩して
ラストスパート。

17:10

やるきパワーをお母さんの
スマホに注ぐ!

今日のがんばりを一緒に確認!
褒めポイントをつくります。

20:00

お父さんにも褒めてもらい、
また書きたくなる!

カレンダーやグラフで
日々のがんばりをふり返る!

たったこれだけで、
やる気メキメキアップ!

習慣化のプロが教えるべんきょう習慣化3つのコツ

[習慣化のプロ]石川善樹先生

苦手な勉強は習慣化するとうまくいく。
「やらない→叱る」という悪循環から「がんばる→褒める」のポジティブサイクルへ。「やる気習慣化サイクル」を親子でうまくまわすには、3つのコツがあるんです。
石川善樹先生(医学博士)
1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士 (医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。近著に『仕事はうかつに始めるな』(プレジデント)『ノーリバウンド・ダイエット』(法研社)など。
べんきょう習慣化
3つのコツ

環境をととのえて

勉強する場所を決めて、片付けをしておきましょう。
その日の宿題が、すぐ取りかかれるようになります。

小さなことを

いきなり難易度の高いことを大量に与えるのではなく、短時間で小さなステップをこなしていくような教材を選んでください。

すぐ褒める

できたことをその日のうちに褒めてあげましょう。
親子で達成感を共有することは、勉強に向かう気持ちを前向きにします。

製品仕様

※アプリはiOS 11以上のiPhoneおよびiPadに対応

製品の使い方ムービーを見る

子どもがもっと
かきたくなる!
楽しい仕掛けが
いっぱい

キミのやる気でLEDの色が変化!

机に向かうほど色が変化!
キミのがんばりがひと目でわかる!

勉強してたまったやる気パワーをアプリに注ぐと・・・!?

「やる気の木」が成長!
がんばったぶんだけ実がなる!

アイテムゲットで「やる気の庭」が完成!

全部で18ステージ!
クリアできるかな?!

もっと
ほめたくなる!
保護者をサポート
する機能

がんばった日には花マルをつけて記録!

子どもの努力をチェック!
褒めて伸ばすクセがつきます。

学習時間や集中の度合いがわかる!

しっかり机に向かっているかを
ペンが判定してくれます。

※ここでいう「集中」とは、ペンを手に持って
勉強に向き合っている状態をいいます。

週に1回、キャラクターのつぶやきが届く!

やる気パワーの変化をお知らせ。
子どもの調子を観察するきっかけに。

かきたくなる

ほめたくなる

本体価格

4,980円(税抜)

専用アプリ(iOS版のみ)は無料です。
国内で一般に販売されている鉛筆(適合目安:六角形・面対面7~8mm)をお選びください

FAQ

本体の機能・仕様について

どんな鉛筆でも使うことができますか?

いいえ、どんな鉛筆でも適合する訳ではございません。
国内で一般に販売されている六角形の鉛筆(軸径:面対面7~8mm)を目安にお選びください。

スマートフォンや端末機器の対応機種を教えてください。

"iOS 11以上のiPhone、iPadに対応しております。
【注意】 Androidは対応しておりません"

スマートフォンが常にやる気ペンの横にないと使えないのですか?

いいえ、スマートフォンがなくても使えます。やる気ペン本体だけでやる気パワーは溜まります。

やる気ペンをオフにしたら、それまで溜めたやる気パワーも消えてしまうんですか?

いいえ、次にスマートフォンにやる気パワーを注ぐまで、やる気ペン内のメモリーに溜まり続けます。

「やる気ランプの色」と「リンゴの個数」との関係は?

下記の関係になります。
・しろ、うすみどり、みどり : 0個
・きいろ、さくらいろ    : 1個
・オレンジ、あか      : 2個
・ピンク、むらさき     : 3個
・あお           : 4個
・みずいろ         : 5個

電池はどれくらいもちますか?

「約5日間」使用できる設計となっております。(1日40分の使用を想定)
筆記量や通信の頻度により異なりますので、あくまで目安としてお考えください。

対象年齢は何歳ですか?

小学校2~4年生(低〜中学年)を中心に想定しております。

鉛筆以外のシャープペンシルやタッチペンなどに、取り付けできますか?

いいえ、できません。

アプリは無料ですか?

はい、無料でご利用いただけます。アプリ内課金もございません。
※通信料、接続料、パケット通信料などは、お客様のご負担となります。ご了承ください。

1台のスマートフォンに対して、やる気ペンは何本登録できますか?

1台のスマートフォンに対して、やる気ペンを「5本」まで登録することができます。
尚、1台のスマートフォンに対して、管理者(保護者)アカウントは1つになります。

2本以上のやる気ペンの計測データを、1つに合算することはできますか?

いいえ、計測データの合算はできません。

1本のしゅくだいやる気ペンを、複数のスマートフォンに登録することはできますか?

いいえ、できません。

いたずらでペンを振っても、勉強パワーが溜まってしまうのでしょうか?

いいえ、通常の筆記では発生しないような大きな振動では検知しない仕組みを搭載しております。(特許出願中)

やる気ペンに溜まったやる気パワーは何日間保持されますか?

「約7日間」です。7日以上前のデータはアプリに送る事ができない恐れがあります。こまめに通信してください。

やる気パワー・やる気タイムの計測が正しくないように感じます。

筆記のくせや姿勢によって、計測できない場合や誤差が生じる場合があります。電池残量が少なくなっている可能性があります。充電を行ってください。

やる気ペンの電池残量は確認できますか?

電池残量が少なくなると、電源スイッチ付近のLEDが「黄色に点滅」します。その場合、充電を行ってください。

充電にかかる時間を教えてください。

「約2時間」となります。

SIMカードが入ったスマートフォンでなければ使用できませんか?

Wi-Fi等のインターネットに接続できる環境であれば、SIMカードの入っていないスマートフォンもご使用できます。

ペアリング(Bluetooth接続)の方法を教えてください。

  • ①やる気ペン(本体)の電源を入れてください。
  • ②スマートフォンのBluetoothがオンになっているかご確認ください。
  • ③アプリにユーザー情報を登録
    ■初回登録時
    アプリを起動し、「やる気ペンの持ち主の登録」からユーザー情報を登録
    ■ユーザー追加時
    「設定→登録情報の編集→ユーザーを追加」から追加するユーザー情報を登録
  • ④やる気ペンを検索し、見つかれば「OK」をタップ
  • ⑤「ペアリング」をタップして、「完了」のガイドが出るまで数秒間お待ちください。
  • ⑥ペアリング完了後は、やる気ペンの電源が自動的にオフになります。(やる気ペン本体のLEDが消灯)
  • 【注意事項】
    ・環境によってはBluetooth通信がつながりにくいことがあります。電線、鉄道架線、発電所等、特定の外部電気設備が干渉の原因となる場合があります。場所を変更し、お試しいただくようお願いします。
    ・電池残量が少なくなると通信ができなくなります。充電を行ってください。

スマートフォンとやる気ペンの通信距離はどれくらいですか?

通信距離は、「約3m以内」になります。
※スマートフォンの機種や通信環境によって多少異なります。

やる気ペンをしばらく使用しない場合、問題はありますか?

過放電の恐れがあるため、長期間使用しない場合は、「初回スイッチをオフ」にして下さい。
バッテリーから回路が遮断され、過放電を防げます。

海外で使用することはできますか?

いいえ、海外ではご使用になれません。日本の法令にのみ準拠して開発されております。

やる気ペンが壊れてしまった場合、修理できますか?

はい。コクヨのお客様相談室にご連絡ください。

廃棄するときはどうすればいいですか?

廃棄するときは、お住まいの自治体の廃棄処理の指示に従ってください。

飛行機の機内に持ち込むことはできますか?

搭乗の際は電源をOFFにしてください。
センサーを稼働させたまま飛行機に乗ることは航空法で禁止されています。

充電池の交換はできますか?

いいえ、できません。

やる気ペンは「防水」ですか?

いいえ、防水ではございません。

やる気ペンを買い換えたとき、データは引き継げますか?

はい、アプリへ転送された後のデータは引き継げます。
【注意】やる気ペンの中に溜まったままのデータは、引き継げません。変更前のやる気ペンに溜まったデータをアプリに転送してから、変更後のやる気ペンをペアリングしてください。

アプリの仕様について

インターネットに接続しなくてもアプリは使用できますか?

アプリのご利用には、「インターネットへの接続」が必須になります。計測データの更新や記録のバックアップを行います。
※通信、接続料、パケット通信料などは、お客様のご負担になります。ご了承ください。

1日でもらえるリンゴの数は決まっていますか?

はい、1日でもらえるリンゴの数の上限は「5個」までとなります。

やる気の庭を進んでいる途中で、違う庭に変更することはできますか?

いいえ、一度選択した「やる気の庭」は、クリアするまで他の庭に変更することはできません。

週刊やる気レポートは、いつ配信されますか?

毎週月曜日午前0時頃に配信されます。前週の月曜日00:00~日曜日23:59のものを集計しています。

アプリ・アプリ内の「登録情報」を削除してしまいました。データは復旧できますか?

いいえ、今までお使いのデータは、復旧はできません。

スマートフォンを買い換えた場合のデータ引き継ぎ方法を教えてください。

■変更前の機種
  • ①「設定」→「 データの引き継ぎ」をタップ
  • ②「データをサーバーにバックアップ」をタップ
  • ③「IDをメールで送る」をタップし、「オーナーID」が書かれたメールが起動
  • ④念のため、「ニックネーム」もメールに記入
  • ⑤変更後のスマートフォンで使用されるメールアドレスへ送信
■変更後の機種
  • ⑥変更後のスマートフォンにアプリをダウンロード
  • ⑦「設定」→「データの引き継ぎ」→「データをダウンロードして引き継ぐ」
  • ⑧「オーナーID」と「ニックネーム」を⑤で送ったメールから転記
  • ⑨「データをダウンロードして引き継ぐ」をタップする
尚、データ移行を保証するものではございませんのでご了承ください。
データの消失などのトラブルが発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

登録した「ユーザー情報」を削除する方法を教えてください

「設定」→「登録情報の編集」→「やる気ペンの持ち主(お子様)の情報」から削除することが可能です。
ただし、必ず1人は登録しておく必要があります。

「故障かな?」と思ったら…

やる気パワーを注ぐことができない。

下記の可能性が考えられます。

  • ①やる気ペン本体の「電源がオン」になっていることをご確認ください。(やる気ランプがゆっくり点滅している状態)
  • ②スマートフォンの「Bluetoothがオン」になっていることをご確認ください。
  • ③スマートフォンが、「インターネットにつながっている状態」になっていることをご確認ください。
  • ④以上が問題なかった場合、一度アプリを終了して、再起動してみてください。

スマートフォンとやる気ペンの間の通信が途切れました。

下記の可能性が考えられます。

  • ①スマートフォンにやる気パワーを注いだ後(データを転送した後)は、やる気ペンの電源が自動的にオフになる仕様です。
    継続して使用する際は、再度、やる気ペンの電源をオンにしてください。
  • ②「10分間」操作がないと、強制的に通信が切断される使用になっております。
    再度、やる気ペンの電源をオンにして、アプリの「データ取得」のボタンを押して、通信を再開させてください。
  • ③スマートフォンとやる気ペンが通信できる距離は「約3m」です。通信可能な範囲内で使用してください。

電源が入らない。

下記の可能性が考えられます。

  • ①電池残量がゼロになっている可能性があります。充電をお願いします。
  • ②「初回スイッチがオン」になっていることをご確認ください。
  • ③電源スイッチをスライドさせ、「ゆっくり3秒」数えて、やる気ランプが3回点滅(白色)することをご確認ください。

あの三日坊主くんが
ついにやりました!

谷口さん親子(仮名)
こうたろくん(小学3年生)& お母さん(40代前半)

しゅくだいやる気ペンを使用する以前、普段の家庭学習はどのような状況でしたか?

普段、最低限の宿題はやっていました。あと通信教育をやっていたのですが、なんとかギリギリやっているという感じでした。宿題も本当に日曜日の夜とか、寝る直前までやりません。やらなきゃいけないことは分かっているのですが、のびのびにしてずっとやらないタイプです。男の子には多いのかもしれませんね。一応、おやつの後にやると二人で決めたことがあるんですが、ほとんど守られたことがありませんでした(笑)。いろいろ試行錯誤してきたんですけれども、なかなか…

お母さんが何も言わなくてもやっていましたか?

「宿題やったの?」とか「約束の時間だよね?」とかなるべく怒らないように、促すようはしてきたのですが、あまり聞いてない感じで「はい、はーい、わかりましたよー」みたいな返事ばかり。それで怒ったこともありましたけど、あまり効果がありませんでした。お互いのためにも毎日怒るのは良くないですし、こっちもイライラを抑えるという日々でしたね。

やる気ペンを使っていただいていかがでしたか?

自主的にどんどん進めるようになりました。なんかゲームのような感覚なんでしょうね。どんどん自分で進めていくと、ごほうびがあるみたいな感じで。ステージ(やる気の庭)もいつの間にかすっごい進んでます(笑)。いま8個クリアしてるのかな?こんなに見事にハマるとは思わなくて驚いています。この、目に見える感じがいいのだと思います。進んでいってごほうびがもらえる、というのが。息子のごほうびは「100円」にしているのですが、すごい勢いで貯めていて(笑)。それも楽しいみたいなんですね。こんなに早く進むと思わなかったから、ちょっと100円はやりすぎたなって反省しています。

具体的にお子様にどんな変化がありましたか?

本当は保護者向けの機能なんでしょうけど、グラフを見るのも楽しいみたいです。「今日はこの時間だった!」「今月はもうこんなに勉強したよ!」とよく言っていて、全部自分でiPadを操作して「見て!見て!こんなに進んだよ!」と毎日アピールしてきますね。あと、やる気パワーを注ぐ動作。自分でやったことがその分だけ注げることが面白いみたいで、ちょっと勉強してちょっと注ぐを繰り返してることもあります。そうやって勉強したことがカタチになって見えるということが本人にとって初めての経験で、達成感があるんだと思います。ちなみに今月は「宿題やった?」と言ったことは1回もないんですよ!言わなくてもどんどんやってくれるので。とにかくリンゴ5個溜めたいから、「宿題だけじゃ足りないからママドリル買ってきて!」と言われました。私も戸惑って「もういいよ(笑)」みたいに言ってしまうぐらい、すごい勢いでハマってて、勉強を続けていること自体が本人の自信にもなっているようです。

勉強は親子で
一緒に楽しむもの!

吉原さん親子
うーくん(小学2年生)& お母さん(30代後半)

しゅくだいやる気ペンを使用する以前、普段の家庭学習はどのような状況でしたか?

そうですね。1年生になった頃から、朝に60分と夜に60分と時間が決めてありまして「始めなさい!」と声がけします。今2年生なんですけど、勉強の時間を確保できるように、その時間帯や時間の長さを少しずつ調整して変えてきました。

「始めなさい!」と言ったら、すぐにはじめられましたか?

いやいや全然!やらないです(笑)。時間を決めて「はい!じゃあ、やろうね!」って言っても全くやらないですね。ひどいときは言ってから2時間くらいかかることがあります。朝だと眠くて机の上で寝てしまったり、じゃあ「フルーツでも食べながらやろうか?」と言うと、食べるだけで終わってしまったり。あとは消しゴムをいじったり、ノートを折って折り紙にして遊んだり。そんな感じですね(笑)。

その時、お母さんは怒ったりしますか?

怒ります。最初は怒らないんですけど、それでは本当に聞かないんです。ちょっとでもイライラした口調が混ざってしまうと、「お母さんが怒ったからやらない!」と絶対に言うんですね。だから細心の注意を払って、いつも優しく言うようにしています。怒らないうちに、なんとか励まして頑張らせることもありますが、「もういいよ、やらなくて」と諦めてしまうこともあります。

「しゅくだいやる気ペン」を使っていただいていかがでしたか?

タブレット教材にしてみたり、シールを貼ったりとか、いろいろやりましたが飽きてしまうことが多かったんです。でも「しゅくだいやる気ペン」を使ってみて「これだっ!」って思いましたね。とにかく子どもが楽しそうでした。ペンの色が変わっていくところ、ステージ(やる気の庭)を進めてアイテムがもらえるとか、そのステージもいろいとあることが楽しいみたいです。「わぁ、次は〇〇だ!」と言ってて、毎回、毎回、違うことが子どもにとって続けたくなるようです。

お母さんにも変化がありましたか?

「一緒に楽しむもの」という感覚が生まれました。ずっと横にいられない時も、時々見ると色が変わってて、その時に「あっ!もう何色になったんだ!」「ちゃんとやってたね!」とか、そうゆう声を掛けるようになりました。やっていたかどうか、色ですぐわかるじゃないですか。勉強を始めるときも、今までの「やりなさい!」ではなくて「今日は何がもらえるんだろうね?」と盛り上げるようになりました(笑)。

あともうひとつ、いいなと思ったことがあります。答えを間違えてしまったり、正しい答えを書いたのに、書いた場所が違ったりして、それに気づいてしまったとき、子どもはなかなか立ち直れないんですよね(笑)。「せっかくやったのにー!」という気持ちになって嫌になってしまう。そのときに「いやいや!間違えちゃったけど、やる気、たまってるね!」と言えたのが本当によかったです。「失敗してもたまるんだよ!」「とにかく、がんばれば、やる気さえあれば、どんどんたまっていくんだよ!」ということが子どもの気持ちを前向きにしてくれたと思います。

ページトップへ