トップページ > 商品情報 > コクヨのえほん > 特集
  • コクヨのえほんとは?
  • ロゴマークについて
  • どこで買えるの?
  • WORK×CREATEシリーズ
  • Arts&Craftsシリーズ
  • はじめてずかんシリーズ
  • マスコミに紹介されました
  • 関連サイトリンク
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 公式フェイスブックページ

絵本作家はたこうしろうのヒミツ ~絵本はこうしてつくられる~

はたこうしろうさんの絵本はこうして作られる

子どもから大人まで、幅広い読者をもつはたこうしろうさんの絵本。
特に、幅広い表現テクニックから生まれるグラフィックは、多くのファンから愛されています。
いったいあの個性的なグラフィックはどうやって生まれるのでしょうか? アトリエにうかがった時、個性的な方法で描かれていることに気付きました。そこで、これはオモシロイ!と思い頼み込んで取材しました。今回は、とっておきの製作過程を特別に皆さんにご紹介します!

 




①ラフスケッチをかく 絵本の作り方①ラフスケッチをかく

テーマやおはなしにあわせて、ライフスケッチをえがき、レイアウトイメージまで決定します。変幻自在の多様はグラフィックがここから生まれます。

 



②パーツごとに写し取る。 絵本の作り方②イラストのパーツを写し取ります 写し撮られたパーツたち

ライトテーブルを使って、ラフスケッチからイラストを写し取ります。なんと、パーツごとに写し取って絵を分解します。リズミカルにどんどんパーツが写し取られていきます。イラストの微妙な線や表情もここで表現します。


 



③分解したパーツをパソコンにとりこむ。 絵本の作り方③分解したパーツをスキャナを使ってパソコンに取り込みます

パーツに分解されたイラストを写真の右に見えるスキャナで取り込み、モニタ上でイラストをチェックしながら、編集をすすめます。


 

④パソコンで彩色、レイアウト、文字組みを行う。 絵本の作り方④パソコンで彩色、レイアウト、文字組みを行います

パソコンのモニタに直接タッチして操作できるペンタブレットを使用して、彩色、レイアウト、文字組みをいっぺんに行います。
中央にモニタ、その上にキーボード、右手にペンマウス&スキャナ。せわしく左右の手が動き回ります。
すごいスピードです。


 




⑤完成! イラスト完成です!

そうなんです。切り絵のような、色鉛筆画のような、水彩のような不思議なイラストは、こうやって生まれるのです。

このページの先頭へ