合わせ名人3は、2018年8月31日(金)でダウンロード提供を終了します。後継の「合わせ名人4」をご利用ください。ダウンロード不要のウェブ版もございます。※2019年8月末まではコクヨお客様相談室にてサポートを受け付けておりますが、特定の環境など適合しない場合も発生しており、ご対応致しかねる場合もございます。ご了承ください。

合わせ名人3及び合わせ名人2で、
『差込』のご利用に不具合が発生しております。
ご迷惑をおかけいたします。
→回避方法はこちらを参照ください。

合わせ名人3 動作環境

動作環境

簡単ラベル印字ソフト <合わせ名人3> Windows版(ver2.00)の動作環境

対応OS(動作確認済) WindowsXP/Vista/7/8
※いずれのOSも日本語版のみの対応です。
※64bitOSでは、32bit互換モードのみ動作確認済みです。
メモリ WindowsXP/Vista/7/8がそれぞれ必要とする最低メモリ
ハードディスク空き容量 約80MB
ディスプレイ 解像度1024×768以上、ハイカラー以上
対応プリンタ WindowsXP/Vista/7/8に対応する
インクジェットプリンタ、レーザープリンタやカラーコピー
※「合わせ名人3」(ver2.00)は、ネットワークプリンタ対応となっております。
  • ※Windows 98/Me/NT4.0/2000 及およびMacには対応しておりません。

合わせ名人3 操作手順

「合わせ名人3」(Windows用ダウンロード版)の操作手順

ここでは、用紙・ラベル位置合わせソフト「コクヨ 合わせ名人3」の操作の流れについてご説明します。
※一品番ごとにはソフトをご用意しておらず、一旦ソフトをインストールして頂くと、弊社プリンタ用紙・ラベル全品番がご使用いただけるようになっております。

手順1.「合わせ名人3」を使ってラベルやカードの作成を始めます

〔スタート〕→〔プログラム〕から「合わせ名人3」を選択して頂くか、デスクトップのアイコンをダブルクリックして起動します。最初に出てきた画面内で、「新規に作成する」をお選び下さい。
※次回以降、今回作成されたデータを活用される場合は、「ファイルを開く」や「最近使ったファイルを開く」をお選び下さい

手順2.用紙やラベルのレイアウトをする為の「用紙設定」を行います

「用紙設定」画面が表示されますので、こちらで、お手元商品の品番を検索して下さい。
定型サイズの用紙や、ノーカットの商品は「品番から用紙検索」ではなく、「用途から用紙選択」の中から「定型/ノーカット」をお選び下さい。「用紙の回転」や「面の編集方法」については、全てこの画面において設定して頂く事になります。

手順3.文字・画像の入力および編集

1.印刷したい用紙を「用紙設定」画面で選択した後は、ラベルの「一面編集」画面の状態になります。

(1) テンプレートの選択や文字の入力などを行います。まずツールバー上の「テンプレート」や「文字」ボタンをクリックします。
(2) 面付け画面上で、使用するテンプレートファイルをクリックし挿入したり、「文字の挿入」ボタンをクリックして文字オブジェクトを作成するなど行います。
※最初の文字入力範囲は小さく設定されておりますので、後から文字枠を広げるなど行って下さい。

2.オブジェクトを移動したい場合は、指定範囲が■で囲まれている状態を確認してから、マウスをドラッグして任意の位置に配置します。またオブジェクトごと消したい場合は、Deleteキーを押してください。

3.最初に「1面ずつ作成」を選択し、次にレイアウトしたい部分へ移動するには、一旦シートを「全面編集」に変更して下さい。次に編集したい別のラベル片をダブルクリックして、同様に作成作業を行ってください。コピーされる場合は、「全面編集」にて、コピー元のラベル片上でクリックし、ドラッグしてコピー先でボタンを離して下さい。

4.「差込」、「バーコード」、「ナンバリング」などその他の機能につきましては、取扱説明書をご覧ください。

手順4.作成したデータの保存

作成したデータは、「ファイル」→「名前を付けて保存」で「My Label」フォルダに保存されます。次回以降、このデータを使用される場合は「ファイルを開く」から今回作成されたデータを読み出して下さい。その他の操作方法は、「FAQ」「取扱説明書(PDF)」をご覧下さい。

新着情報

ページトップへ