オフィス防災ラボ 「保存水」のポイント

物量が大きく、備蓄スペースや廃棄が問題となる水。
用途に合わせて、負担を減らす備蓄を考えましょう。

「食事」のポイント イメージ

POINT1用途から考える、保存水の選び方

ペットボトルは個人用に

  • ○メリット

    再栓できるので、こまめな水分補給が必要な個人配布に最適です。

    ×デメリット

    ペットボトルゴミがかさばります。また期限切れ廃棄時に手間及び費用がかかります。

  • ペットボトル イメージ

パックは調理・生活用水用に

  • ○メリット

    ゴミがかさばりません。また期限切れ廃棄時はカッターなどで切るだけで水が抜けるので簡単です。

    ×デメリット

    一度開けると再栓できないため、扱いが不便です。

  • パックボトル イメージ

POINT2オフィス内に隠れた水

オフィスには様々な形で水が存在します。日常利用される水も備蓄に流用することができます。
その際、一定の量が確保できるように、ルールを設けて運用しましょう。

買い置き イメージ

買い置き

ウォーターサーバー イメージ

ウォーターサーバー

自動販売機 イメージ

自動販売機

貯水タンク イメージ

貯水タンク

関連する防災用品

< トップページへ戻る

知っておきたい
防災用品のこと
矢印
コクヨの
研究成果
矢印
ページトップへ