オフィス防災ラボ 「就寝・防寒」のポイント

ただでさえ眠れない災害時。暖かさはもちろんですが、床などに大勢で眠ることを考慮し、就寝環境を整えましょう。

「就寝・防寒」のポイント イメージ

POINT1就寝環境3つの要因

対策検討時、防寒として温度への配慮はなされますが、見落としがちなのは「オフィス」という環境です。オープンな場所で大人数で過ごすため、プライバシーや音の問題、また床タイルはカーペットタイプであっても横になるには硬いので、対策が必要です。

  • 温度的要素 防寒
  • 心理的要素 プライバシー音
  • 感触的要素 床の硬さ 毛布の感触

POINT2心理的要因への配慮

音への配慮

災害時の避難所では、就寝時にアルミブランケットのカサカサ音が問題となったケースがありました。できるだけ物音のたたない就寝具を選びましょう。

プライバシーへの配慮

寝ている間に布団がはだけてしまうことはよくあります。他人の視線への対策が必要です。

買い置き イメージ

POINT3夜間リビングスペースと日中仮眠スペース

災害などの大きな精神的ストレスを受けた直後は、不眠症状がでてくることがあります。そのような場合は、無理に寝ようとせず、眠れない人が周囲を気にせずに起きていられるエリア、また逆に、日中に仮眠をとれるエリアを設けることが有効です。

参考文献:国立精神・神経医療センター精神保健研究所
災害時こころの情報支援センター「夜、眠れない方のために」平成28年5月版

関連する防災用品

< トップページへ戻る

知っておきたい
防災用品のこと
矢印
コクヨの
研究成果
矢印
ページトップへ