オフィス防災ラボ 「衛生管理」のポイント

災害時、水道や空調が止まったり、歯磨きができず、汗をかいても身体がぬぐえないことが長時間続くことも想定し、衛生環境を保つ対策を考えましょう。
また、嘔吐物処理など、汚染対策も検討しましょう。

「衛生管理」のポイント イメージ

POINT1衛生環境3つの要素

災害時のオフィスでは、衛生を3つに分けて考えます。すぐに求められるのが身体的な衛生、次に生活環境を衛生的に保つ工夫。さらに、多人数や不特定多数の集まる環境や、長期化が考えられる場合には、汚染対策などの高度な対策が求められます。

  • 生活の衛生 居住空間の衛生 廃棄物 (トイレ・ゴミ処理)
  • 身体の衛生 手指衛生 口腔衛生
  • 汚染対策 下痢・嘔吐など感染症対策 (専用区画の準備と 汚染の速やかな除去)

POINT2汚染対策装備

吐しゃ物や排泄物の対応にあたる衛生対応要員は、危険でストレスの大きな仕事です。安心して作業に従事できるように、装備は充分に準備しましょう。

ゴミの量を知る イメージ

POINT3口腔衛生が体調にもたらす影響

慣れない避難生活では、そのストレスから抵抗力が弱まり、むし歯、歯周病の悪化や口内炎がおこりやすくなります。

(引用:日本歯科医師会、避難所掲示用の口腔衛生啓発ポスターより)

関連する防災用品

< トップページへ戻る

知っておきたい
防災用品のこと
矢印
コクヨの
研究成果
矢印
ページトップへ