オフィス防災ラボ 「脱出救急・応急手当」のポイント

建物の歪みや家具の転倒による脱出・救助や応急手当など、人命に直結する事象の対策を行いましょう。

「脱出救急・応急手当」のポイント イメージ

POINT1想定される地震の揺れによる被害

落下物への対応

窓ガラスの割れ、天井のボードや照明の落下などにより、足元に危険物が散乱することが考えられます。

転倒物への対応

一般的なキャビネットに書類をいっぱいまで入れると、約370kgになります。転倒防止を考えましょう。
(W900×D450×H2100の扉付きを想定)

閉じ込めへの対応

建物の歪みによりドアが開かなくなり、閉じ込められる危険性があります。扉をこじあけたり、壁、パーティションを破る工具を用意しましょう。

POINT2災害時のケガを想定した救急用品

応急手当が必要に

応急手当が必要に イメージ

災害時のケガを想定した救急用品

  • 清浄綿
  • 救急絆創膏
  • サージカルテープ
  • 三角巾
  • 包帯
  • ガーゼ
  • 脱脂綿
  • 消毒液
緊急時の混乱

緊急時の混乱 イメージ

混乱を防ぐ用品

  • 応急処置ハンドブック
  • 傷病者情報伝達カード
衛生管理の悪化・感染症

衛生管理の悪化・感染症 イメージ

衛生管理や感染症予防に役立つ用品

  • 除菌ウェットティッシュ
  • ゴム手袋
  • マスク

関連する防災用品

< トップページへ戻る

知っておきたい
防災用品のこと
矢印
コクヨの
研究成果
矢印
ページトップへ