公式アカウント
Twitter Instagram

総額標示義務 いつから

2021.04.01

値札におすすめのラベルシールをご紹介~総額表示が義務化されました~

総額標示義務 いつから

「総額表示義務化」というワード、ご存知でしょうか。 令和3年(2021年)4月から消費税の総額表示(税込み価格表示)が義務化されます。このページではそもそも何をする必要があるのか。その対策として、簡単に貼れるラベルの作成方法を伝授します!

総額表示義務化とは

国税庁が定める「総額表示」とは一体どういったものなのでしょうか。

これは商品販売やサービス提供の際、値札やチラシなどにおいて「消費税額(※)を含めた価格を記載する」ことを指します。(※)地方消費税額を含む

ただし、この義務化の対象となるのは「一般消費者に対して商品の販売やサービスを提供する」消費税課税事業者、いわゆる小売り段階となるため、事業者間での取引は総額表示義務の対象外となります。

実はこの「総額表示」ですが、消費税が10%に変更された201910月から施工されていました。しかし義務化してしまうと、対象となる事業者は一気に対応に追われることになってしまうため、消費者の「誤認防止措置」が取られていることを条件として、2021年3月31日までは「総額表示義務の特例措置」が取られていたのです。

<誤認防止措置の一例>

税抜価格 誤認防止例

(出典)総額表示義務の特例措置に関する事例集

 

総額表示義務化の目的とは

「総額表示」は何のために行われるものかというと、消費者の利便性を上げるため、とされています。

総額表示を義務化することで消費者が商品やサービスを購入する際、本来支払うべき価格がわかりやすくなり、比較や購入の判断がしやすくなります

この総額表示義務で事業者が取らなければいけない対応ですが、総額表示の対象となる媒体すべての価格表示の変更をしなければなりません。総額表示の対象となるものは具体的に以下のようなものになります。

・値札、商品陳列棚、店内表示、商品カタログ等への価格表示

・商品のパッケージなどへ印字、あるいは貼付した価格表示

・新聞折込広告、ダイレクトメールなどにより配布するチラシ

・新聞、雑誌、テレビ、インターネットホームページ、電子メール等の媒体を利用した広告

・ポスター  など

財務省HPより引用

消費者に対し行われる価格表示であれば、どのような表示媒体でも総額表示が義務付けられました

小売店で「税抜き価格+税」などと表記した値札を商品に貼っている場合も、これらは新しく値札を作るか、上から新しいラベルを貼るなどの対応をしなくてはなりません。

たとえばコチラのような値札ラベルはすべて対象になります。特例措置期間中だった間は「誤認防止措置」として認められてきたものもNGになってしまうのですね。

総額標示義務 いつから

 

ラベルづくり、簡単にできないものか

一言で表示変更といっても、小売店などですべての商品に値札をつけている場合、その作り直しは結構大変な作業です。税別表記していたものは、全て税込み価格に書き直さなければいけません。これには膨大な作業時間が必要となりますよね。

そこでおススメするのがコクヨの「合わせ名人」です。

合わせ名人とは

2.png

コクヨの「合わせ名人」というソフトを使えば、宛名ラベルやインデックスシールなどが難しい編集無しで簡単に作ることができるようになっています。

合わせ名人には豊富なテンプレートが用意されているため、オフィスや店舗などでそのまま使うことが可能。

直感的に操作可能なシンプルなソフトで、用紙やテンプレートを選択して、印刷したい文字を入力するだけ!

最新版のver.5ではExcelデータから読み込みができるため、大量のデータ管理も可能になりました。

 

総額表示義務に対応できる!おすすめラベルのご紹介

合わせ名人を使うためには、まず印刷するラベルや印刷する内容を決める必要があります。

コクヨではいろいろな印刷用ラベルを取り扱っていますが、その中でも今回は小売店の総額表示対応に重宝しそうなラベルをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

1.カラーレーザー&インクジェット用 紙ラベル(下地がかくせるタイプ)

2.プリンタを選ばない はかどりラベル

3.カラーレーザー&カラーコピー用超耐水紙ラベル

4.カラーレーザー&インクジェット用はがきサイズで使い切りやすい 紙ラベル

 

1.下地がかくせるタイプ

3.png

たとえば写真のように商品パッケージに値段が印字されている場合、や文字の色が濃い色だったりすると通常のラベルシールでは透けて元の価格が見えてしまうことがあると思います。

総額表示義務 いつから

こういった場合に使って欲しいのが、「下地がかくせるタイプ」。

このラベルシールは裏面がグレーになっているため、下地の文字や模様が透けない仕様になっています。

商品ラインアップは全部で8種類ありますが、今回のように値段だけを隠したい場合は24面や65面(角丸)タイプがおすすめ。

総額表示義務 いつから

また、書籍や飲食店のメニュー表など金額表示部分が細いものであれば、46面や70面の横長タイプの利用もおすすめです。

総額表示義務 いつから

  

2.はかどりラベル

10.png

小売店の店頭では、このように商品ひとつひとつにプライスカードを付けて販売する場合も多いかと思います。

総額標示義務 いつから

この場合もパターンのように元の価格が見えないよう「下地がかくせる」タイプや、「はかどりラベル」を使ってみてください。

「はかどりラベル」はプリンタを選ばずに使えるラベルになっています。

粘着タイプが2つありますが「しっかり貼れる」タイプなら粘着力が高いため、剥がれてしまう心配がありません。

店頭など多くの人が触れる位置にあり、パッケージされていないものなどはこういった粘着力の高いシールを使ってみてはいかがでしょうか。

3.超耐水紙ラベル

12.png名前のとおり水に強く耐水性のあるラベル。ですが、強いのは水だけではありません。

日光にも強いため、屋外はもちろん日光の入る窓際などにディスプレイされている商品のラベルにもおすすめです。

13.png

耐水紙ラベルと比較してみると、屋外で200時間経過しても色あせにくく耐久性があります。

例えばこんなシーンにも。

15.png14.png

また、屋外だけではなく複数の人が手に取るような商品の場合も、通常のラベルなら摩擦で消えてしまいがちですが超耐水紙ラベルなら色あせが生じにくいのでおすすめです。

 

4.はがきサイズで使い切りやすいラベル

16.png

はがきサイズのラベルシートは、個人商店などで店頭の商品数が少ない場合、大きなラベルシートを使って余らせるのが勿体ない時におすすめです。

はがきサイズのラベルなら、1シートにつき多くても10面の印刷になるので無駄がありません。

商品ラインアップは6種ありますが、値札の貼り替えなど小さな面積には10面(バーコード表示用)を使ってみてください。

ちょうどバーコードが隠れるくらいの横幅になっているので、バーコード表示の値札を扱っている場合におすすめです。

 

5.その他にもおすすめラベルあります!

コクヨでは今回ご紹介した4つのラベル以外にも、総額表示義務に対応できる色々なラベルをご用意しています。

たとえば、写真のようにディスプレイ棚につけているプライスカードなどには名刺用紙クリアカット両面マット紙を使っての印刷がおすすめです。

17.png

 

いよいよ実際に合わせ名人を使ってみる

ラベルの用意ができたらいよいよ実際に、合わせ名人で値札を作ってみましょう。今回は合わせ名人の使用経験のない社員がマニュアルを見ながら、実践してみました。

 

合わせ名人...とても楽ちんだ!

初めてみる画面に最初は操作に少し戸惑いましたが、慣れてくればこちらのもの。10枚のラベルが約1分20秒で作成できました。

気づきとしては、

枚数が多ければ多いほど手書きよりも合わせ名人の方が圧倒的に早くなるということ!

早さもそうですが、なんといっても手が疲れず作業できるのがとてもいいと思いました。

印刷する用途や使う用紙サイズさえ決まっていれば、テンプレートの中から選ぶだけなので迷うことも少なくよりスムーズに取り掛かれると思います。

ご紹介したラベルは以下のサイトからもお求めいただけます。ぜひチェックしてみてください。

カウネット.jpg

tanome-ru.jpg

Forestway.jpg

(山ノ内、磯部

この記事を気に入ったら、シェア&ブックマークしましょう!