コロナで外出規制、親子で過ごす家遊びは?人気の工作絵本ベスト5&実際に遊んでみた

2020.04.01

コロナで外出自粛、親子で過ごす家遊びは?人気の創作・しかけ絵本ベスト5&実際に遊んでみた

コロナで外出規制、親子で過ごす家遊びは?人気の工作絵本ベスト5&実際に遊んでみた

2020年春、コロナウイルスへの感染予防のため、いつもなら連れていくショッピングモールへもなかなか遊びに行けず、お子さんとの家遊びもそろそろネタが尽きてきたと思っていらっしゃる親御さんも多いのではないでしょうか。そんな悩めるママとパパに、親子でワイワイ楽しみながら、お子さんの創造力も育める、一石二鳥の絵本、ご紹介します。

2020年春、コロナウイルスへの感染予防のため、幼稚園や小学校が休校になっているご家庭も多いと思います。いつもの休日ならショッピングモールに連れていけるのに、今は人ごみの中にはなかなか連れていけませんよね。

「休園、休校になって子どもたちのストレスが溜まっている」「外には連れていけないけど、家にいるのもそろそろ限界」など、SNS上にはたくさんの悩める声が上がっていました。

そんなお外に行けない子どもたちと、子どもをどうやって遊ばせようか悩んでいるパパママへお家で楽しく遊ぶためのアイデアをご紹介します。

子どもと一緒に遊べる絵本、あります

今回ご紹介するのは「コクヨのえほんシリーズ」です。

絵本は絵本でも、子どもに読み聞かせるお話というよりも、子どもの「創造力の育成」や「親子のコミュニケーション」をテーマにした絵本になっています。

子どもと一緒に楽しめるように作られているので、普段はお仕事で忙しいパパ・ママと子どものコミュニケーションツールとしてもおすすめです。

コクヨの絵本、人気ベスト5のご紹介

コクヨの絵本シリーズには「しかけ絵本」「創作絵本」と2種類のシリーズがあるのですが、その中から人気のベスト5をご紹介します。

1位

 かおノート(創作絵本)

2位

 くだものどうぞ(しかけ絵本) 

3位

 おやさいどうぞ(しかけ絵本) 

4位

 かおノート2(創作絵本) 

5位

 あーん あーん あーん(創作絵本)

書店・文具店・百貨店玩具売場・ライフスタイル雑貨店、および、コクヨ公式オンラインショップ、他通販サイトで手軽に購入できます。ここからは上記のランキングの中から厳選した絵本の内容を、もう少し詳しく紹介していきたいと思います!

1位 創作絵本シリーズ『かおノート』

image1.jpgこちらの「かおノート」は52種類の"かおベース"が用意されていて、その中に目・鼻・口などのパーツシールを貼って完成させる、福笑いのようなシール絵本になっています。

image2.jpg

パーツの組み合わせ、貼る位置や角度の違いで色々な「かお」を作る事ができるので、「どっちが面白い顔作れるか競争しようか!」など、親子で一緒に楽しむことができますよ。

かおベースには既に目・鼻・口が描かれているものも用意されているので、「この形の目なら他のパーツはどうしたら面白いかな」など創造力を豊かにできるかもしれません。

image3.jpg宇宙人のような顔だったり...。

image4.jpg

モンスターだったり、リアルなキャベツの写真に既に鼻が付いていたりと、パラパラとめくるだけで面白いかおベースがずらり。

このように色々なかおベースが用意されていて、この中に目・鼻・口のパーツシールを貼っていきます。

image5.jpeg image6.jpeg
image7.jpeg image8.jpeg

シールはイラストタッチのものがほとんどですが、妙にリアルな鼻や口が混ざっていたりするので、シールだけ並んでいる状態は少しシュール。髪型を変えたり耳を付けてみたりも出来るんですね。

※『かおノート』の商品詳細とご購入ご案内はコチラから

 

「かおノート」で実際に遊んでみました♪

今回実際に大人6人がシールを貼って遊んでみました。

小さい子どもではなくても十分に楽しむ事ができたので、小学生くらいのお子様であれば、お友達どうしでも楽しく遊べそうですね。

image9.jpegのサムネイル画像 image10.jpegのサムネイル画像
image11.jpeg image12.jpeg
image13.jpeg image14.jpeg

作り方次第で可愛くも怖くもなりますね!

うちの子はかおを作るんだろう!?親子で楽しみながら作り上げてみてください。

 

※『かおノート』の商品詳細とご購入ご案内はコチラから

 

2位 しかけ絵本シリーズ 『くだものどうぞ』

image15.jpg

2位の「くだものどうぞ」はしかけ絵本になっています。

image16.jpg

ページ左にリズミカルな言葉が書かれていて、ページ右には仕掛け扉が付いたイラストが。

image17.jpg

この扉をめくると果物の中身が現れます。

image18.jpg

「みかんを ぺりっ」

リズムのある文章に合わせてめくり、果物の中身を見せてあげましょう。

子どもの頃、果物って親が切ったり剥いたりしてから出してくれる事が多いと思うのですが、この絵本は「果物の中身がどうなっているのか」を楽しみながら教えることができます。

幼稚園生くらいになると、みかんなど簡単なものは自分で剥いたりできると思うのですが、刃物を使って皮を剥く果物などは子どもも興味深々になると思います。

image19.jpgこのキウイなんかは立て切りと横切りの2パターンで見せてくれていたりするので、切られた果物しか知らない子どもには新鮮なのではないでしょうか。

image20.jpg

image20_1.jpg

子どもの好奇心をくすぐりながら、リズミカルな言葉に合わせた読み聞かせで楽しませてあげましょう。

※『くだものどうぞ』の商品詳細とご購入ご案内はコチラから

 

5位 創作絵本シリーズ 『あーん あーん あーん』

image21.jpg

最後は創作絵本シリーズから、「あーん あーん あーん」をご紹介します。

こちらも「かおノート」と同じようにシールを貼って遊ぶタイプの絵本になっています。

image22.jpg

動物たちがこうやって大きなおくちを開けて待っているので、付属のシールをペタペタと貼っていきます。

image23.jpg

6シート144枚のシールが付いていて、食べ物からパーティグッズなど盛りだくさんの内容。

デコレーションケーキを飾るためのシールも付いています。

image24.jpg

image25.jpg

※『あーん あーん あーん』の商品詳細とご購入ご案内はコチラから

 

「あーん あーん あーん」で実際に遊んでみました

image26.jpg

今日はうさぎさんにおにぎりをたくさん食べてもらいました。

こちらは「かおノート」と違い、何回でもシールの貼り直せるつくりになっています。

1回遊べば終わり、ではないので「この前はこれ食べさせたから、今度はこっち食べさせてみようか~」といった感じで遊ぶこともできますね。

※『あーん あーん あーん』の商品詳細とご購入ご案内はコチラから

  

 

まとめ

今回はコロナウイスによる外出自粛措置の中で、おうちで遊べる絵本を紹介しましたが、雨の日で外に出られなかったり、風邪をひいてしまった時、おもちゃに飽きてしまった時など、絵本が活躍する日は他にもたくさんありますよね。創作絵本・しかけ絵本ともに子どもの創造力を刺激したり、親子のコミュニケーションにピッタリです。

今回ご紹介した以外にもコクヨのえほん、たくさんあります。

創作絵本シリーズはこちら

しかけ絵本シリーズはこちら

家遊びに困ったときは、是非、こういった遊べる絵本があることを思い出してみてくださいね。

(山ノ内)

magazineTOP.png

この記事を気に入ったら、シェア&ブックマークしましょう!