メンタルトレーナー 久瑠あさ美の 未来を動かす72時間手帳術

30,000人の人生を劇的に変えてきた久留式“72時間手帳術”を時間管理に悩む2人のビジネスパーソンのお悩みを通してご紹介します!

「もう時間に振り回されたくない」「自分の時間を取り戻したい」もし、あなたがそう思うなら、最も効果的なのが、時間に対する概念と時間の扱い方を根本から変えてしまうことです。このコラムでは、それを可能にするための手帳を活用したメンタルトレーニング法をお教えしていきます。

vol.3 週間スケジュールであなたの時間を取り戻す

Q.やるべきことで予定が埋まってしまう… 前回のトレーニングで、仕事のタスク管理は、かなりゆとりを感じられるようになりました。一方で、時間がある! と感じると、つい仕事の予定ばかり進めてしまいます。プライベートの予定をつい後回しにしてしまいがちです。
瀬波 伶人(セパ レイト)32歳「多くのプロジェクトを抱える総合商社の営業マン。昇進試験を控えているが業務に追われてなかなか勉強に手がつけられずにいる。」/喜屋武 波寿(キャン パス)27歳「大手旅行会社勤務。希望していた企画部への配属が決まり日々業務に邁進している。近日結婚式を控えており、仕事とプライベートの予定の両立に悩まされている。」
瀬波 伶人(セパ レイト)さんの手帳の記入例:「時間が空くとつい仕事の予定を入れてしまう」
喜屋武 波寿(キャン パス)さんの手帳の記入例:「プライベートの予定はつい後回しにしがち」

A.仕事の予定は黒、プライベートは赤未来の予定は青

デイリーの予定欄に、黒のペンで書くのは「やるべきこと」、主に仕事関係の予定です。赤のペンで書くのはプライベートの予定。黒の予定は、「72時間のフレーム内にやればよい」と捉えます。赤の予定は、今日やれなかったとしても、1週間先・1カ月先・1年先と、何度でも未来の予定に繰り越して大丈夫です。週間スケジュールが黒の予定ばかりなら、あなたの時間が「やらねば」で埋められつつある証拠。そんな時は意識的に赤のワクワクするプライベートの予定を入れて、バランスを整えましょう。

活用イメージ

そして、青のペンであなたの「未来にやりたいこと」を2週間以上前から書き込んでいってください。思う存分、この先自分がやりたいと思っていることを書き込みましょう。プライベートな予定だけでなく、仕事に関わることでも、自分が実現させたいこと、やりたいことならなんでもOKです。週間スケジュールに書き込まれた予定は、現実に引き戻されがちです。それに対処するために「未来の予定」があるのです。「できそうなこと」ばかりを書いても、それはこれまでの自分のできる範囲のただの計画表になってしまいます。大切なのは、現実を度外視して「本当にやりたい」と思うことを書くこと。それが、あなたの未来の可能性を拡げていくきっかけとなります。

活用イメージ

72時間手帳術では、あえて「できそうにないこと」も書いて可視化する。それがあなたの今後の人生に、大きな変化をもたらします。 実践してみました 「先にやりたいことを書くことで、メリハリをつけてスケジュールを組めるようになりました!」「ワクワクするやりたいことの予定を意識したら、やるべきことを片付けるスピードもあがってきました!」

“72時間手帳術”5つの極意 一、 できないことを、やろうとする 〜多くの人は「過去の自分」をベースに「未来の自分」を決めようとします〜「自分の現状を変えたい」「これまでの延長戦のような人生では物足りない」そう思うのなら、これまで「できなかったこと」はこの先「できる」に変えていけばいい。そう捉えていく。 一、 自己ベストを日々更新させる 〜「今日は自分史上最高の日」、そう誇れる毎日を追い求めること〜そのために日々、「やれる範囲」のことだけをするのではなく、自己ベストを更新するような「できっこない」何かを目指していく。 メンタルトレーナー:久瑠あさ美

次回もお楽しみに

今後の予定 / vol.4.月間スケジュールで“あなたの未来”を創り出す
閉じる
キャンパスダイアリーセパレートタイプの詳細を見る
キャンパスダイアリーセパレートタイプを購入する
詳しくは、久瑠あさ美のメンタルブログへ
久瑠あさ美のメンタルブログ
ページトップへ