トップページ > 商品情報 > ひらめき商品 > オルダゲーム > ワン・ツー・スリー・ゴー!

オルダゲーム

 

ワン・ツー・スリー・ゴー!

1・2・3の足し算を使った、すごろくゲームです。
サイコロの出た目の数だけ、ゲームボードに円柱キャップをはめていきます。 スタートからすき間を空けずにはめていき、先にゴールしたプレイヤーの勝ち。

ゲームの進め方

■Step1:ゲームの準備

ワン,ツー,スリー・ゴー!1このゲームではちょっと変わったパーツを使います。
ジグザグ道のゲームボード、
1連・2連・3連の円柱キャップ、
1〜6の普通のサイコロと、1〜3までのサイコロ。
(最初は1〜3までのサイコロを使うとよいでしょう)
円柱キャップを赤・黄に色分けして、ゲームスタート!

■Step2:ジグザグ道を進みます

ワン,ツー,スリー・ゴー!2 サイコロで出た数にあわせて、スタートからゴールまで円柱キャップをすき間なく並べていきます。
ジグザグ道からはみ出さないように工夫が必要です。
「3連の円柱キャップを置いたらはみ出しちゃうなぁ…」という時は、2連+1連で3を作ってみましょう。
円柱キャップを使う順序によっては、ゴールできないこともあるので要注意。
先にゴールした人の勝ち!

■Step3:大きい数にもチャレンジ!

ワン,ツー,スリー・ゴー!31・2・3が自在に作れるようになったら、4・5・6にトライ!
といっても、大きな数を作るのは、小さなお子様にはむずかしいこと。
緑色の計算ボードに円柱キャップをはめると、4・5・6を作る練習ができます。
慣れてきたら1〜6までのサイコロを使ってゲームをしてみてください。

こんな力が身に付きます

「なぜ?」「どうして?」にあふれた子どもは、ルールをすんなりと受け入れてはくれません。算数でつまずく子どもの多くは、聞き慣れない「1+1=2」という言葉にアレルギーを示していることも多いようです。

このゲームでは、「1+1=2」という算数のルールを、お子様自身が体験的に学習することができます。1〜3という小さな数字の組み合わせ方を、目で見て、数えて把握することができるのです。

1〜3の計算に慣れてきたら、サイコロを1〜6に変えてトライ!やがて、計算ボードを使わずに、サイコロで出た目にあわせて円柱キャップを選び出すようになるでしょう。そう、足し算の基礎が少しずつ身についてくるのです!

ワン,ツー,スリー・ゴー!商品写真

「ワン・ツー・スリー・ゴー!(1,2,3・GO!)」
品番:KCT-CA100
3,600円(消費税込)
対象年齢:3才から6才
プレイ人数:2人

このページの先頭へ