トップページ > 商品情報 > ひらめき商品 > オルダゲーム > ザ・メモリー・ゲーム

オルダゲーム

 

ザ・メモリー・ゲーム

このゲームは、裏向きになったカードから同じ絵柄をさがす神経衰弱ゲームです。絵柄をあてる「記憶あそび」は子どもが大好きなゲームの1つ。
カラフルなカードの絵柄を見て、いろいろなものの名前を覚えたり、親子でコミュニケーションも楽しめます。

ゲームの進め方

■Step1:カードを裏向きに広げます

ザ・メモリー・ゲーム1

54枚のカードをよく混ぜて、裏向きに広げましょう。
カードをめくる順番を決めたら、ゲームスタート!

はじめのうちは、タテ・ヨコに整列して置くと位置を覚えやすくなります。

小さなお子様には、カード枚数を少なくしてゲームすることもできます。

■Step2:2枚めくって同じ絵柄をさがそう

ザ・メモリー・ゲーム2神経衰弱の要領で、カードを2枚めくって、同じ絵柄をさがします。
相手がプレイしているときも、カードの絵柄をよく見て、位置を覚えましょう。
最初はカードがたくさんあるので、覚えておくのが大変。色の雰囲気だけで「これだ!」とめくると、間違いも…。
はずれたらカードを元どおりに裏返して次の人にかわります。

■Step3:当ったら続けてプレイできます

ザ・メモリー・ゲーム3カードをめくって絵柄が同じなら当り!
当ったカードは自分のものに。
はずれるまで連続してめくることができるので、大量ゲットのチャンスです!
記憶をたよりにカードをめくって、カードがなくなればゲーム終了。1番たくさんカードを集めた人が勝ちです。

こんな力が身に付きます

このゲームでは、隠された絵柄の位置を覚えることで、楽しみながら記憶力と集中力を育むことができます。

カードは意図的に似たような色が使われていますので、絵柄をよく見ずに色だけで判断すると、なかなか当てることができません。うっかりすると大人も間違えてしまうことも。

大人も子どもも真剣勝負。
「また、当ったよ!」と遊ぶうちに、自然にしっかりと観察する力も身に付いているのです。

ザ・メモリー・ゲーム商品写真

「ザ・メモリー・ゲーム(The Memory Game) 」
品番:KCT-CA102この商品の生産は終了いたしました。長年のご愛顧ありがとうございました。
1,800円(税抜)
対象年齢:5才から大人まで
プレイ人数:2〜4人

このページの先頭へ