トップページ > 商品情報 > ひらめき商品 > オルダゲーム > ハイドゥン・シーク

オルダゲーム

 

ハイドゥン・シーク

ルーレットで出た色の円柱キャップにチップを隠す、いわば”宝隠しゲーム”です。 すでに隠してある所には置けません。最も早く自分のチップを使い切ったプレイヤーの勝ち。

ゲームの進め方

■Step1:円柱キャップを並べます

ハイドゥン・シーク1 ボードの上にカラフルな円柱キャップを並べます。
(円柱キャップを並べる数で難易度が変わります。)

並べ終えたら、黄色いチップをプレイヤーで分け合っておなじ数ずつ持ちます。
プレイする順番を決めて、ゲームスタート!

■Step2:ルーレットで出た色にチップを隠しましょう

ハイドゥン・シーク2 中央のルーレットを指で回して、矢印が指した色とおなじ色の円柱キャップを開け、その下に自分のチップを隠します。
ひとつチップを隠したら、次の人と交代して、順番に進めていきます。

■Step3:おなじところには隠せない!

ハイドゥン・シーク3 すでにチップが隠してあるところへは、自分のチップを隠すことができません。
「ここには隠してなかったはず!」と思いながら円柱キャップを開けてみると、中にチップが…。
ゲームが進むにつれて、難しくなっていきます。
先に自分のチップをすべて隠した人の勝ち!

こんな力が身に付きます

このゲームを繰り返すうちに、ボード上の円柱キャップの位置を直感的に把握する力(空間把握力)が身につきます。また、どこの何色の円柱キャップにチップが入っているか?という記憶力を養うことができます。

集中力がなくなってくると、同じ場所を何度も開けたり、もういいや…とカンに頼ったりしたくなったりします。

でも、そのときこそチャンス!

正解を教えるのではなくヒントを出したり、一緒に考えたり、ときには子どもに寄り添って黙って考える時間を与えたり…。一緒に楽しむゲームならではのこうした導きを通じて、お子様の集中力、コミュニケーション能力、あきらめずに考える力を引き出すことができます。

記憶力にルーレットの運が加わることで、大人が勝てないこともしばしばあります。 真剣勝負で大人にも勝った喜びと達成感は、あきらめずに努力する原動力になるでしょう。

ハイドゥン・シーク商品写真

「ハイドゥン・シーク(Hide'n Seek) 」
品番:KCT-CA101
3,600円(税抜)
対象年齢:5才から大人まで
プレイ人数:2〜4人

このページの先頭へ