トップページ > 商品情報 > ひらめき商品 > 学校法人モード学園×コクヨS&T株式会社 「ひらめき商品アイデアコンテスト」入選作品

学校法人モード学園×コクヨS&T株式会社 「ひらめき商品アイデアコンテスト」

入選作品

最優秀ひらめき賞

該当なし

優秀ひらめき賞(4点)

「マイスペース」
渡邉 拓巳(HAL東京 ゲーム学科)
渡邉 拓巳(HAL東京 ゲーム学科)
アイデア概要

卓上に小宇宙をつくる玩具

審査員コメント

斬新な切り口のアイデア。大人受けしそうだが、子供たちがどこまで 繰り返し楽しく遊べるかが課題。

「エアピクチャー」
平田 郁人(HAL名古屋 ゲーム制作学科)
平田 郁人(HAL名古屋 ゲーム制作学科)
アイデア概要

空中に絵を描く玩具

審査員コメント

ありそうでなかった斬新なアイデア。ただ、もう少し具体的な使用シーンを提示してもらいたかった。

「フエpuzzle」
菅沼 祐弥(HAL名古屋 ゲーム制作学科)
菅沼 祐弥(HAL名古屋 ゲーム制作学科)
アイデア概要

笛にパズルの要素を取り入れた玩具

審査員コメント

やりたいことが明確で、楽しく遊んでいるシーンが目に浮かぶが、飽きさせないためにもう一工夫欲しい。

「もういいかい?ま〜だだよ」
上平 美貴(大阪モード学園 ファッションデザイン学科)
上平 美貴(大阪モード学園 ファッションデザイン学科)
アイデア概要

かくれんぼをテーマにした絵本

審査員コメント

着目点が面白い。記憶力、発見力の強化、親子コミュニケーションの促進が期待できるが、独自性という面でインパクトが弱い。


佳作(5点)

「飛び出すお絵かき」
新美 伸(名古屋モード学園 ファッションデザイン学科)
アイデア概要

描いた絵が3Dに見えるおえかきボード

審査員コメント

似た案が複数あった中で、3Dに着目した点を評価。一過性で終わらない、さらなる工夫が欲しい。

「握るキーボード」
中山 裕介(HAL東京 CG学科)
アイデア概要

手ですっぽり包み込む楽器玩具

審査員コメント

目的が明確で、商品にしっかり落とし込めている。だが、広がり感に欠ける。

「ぼくらのピクトさん」
土居 義弘(大阪モード学園 グラフィック学科)
アイデア概要

オリジナルの標識を作る絵本

審査員コメント

新規性と、提案書の完成度が高い点を評価。子供たちがどこまで楽しく遊べるか、検証が必要。

「幼児向け作曲体験ツール」
橋本 康平(HAL大阪 ゲームデザイン学科)
アイデア概要

直感的な操作で作曲体験ができる玩具

審査員コメント

難しいテーマに、最小限の要素で明快な遊び方を提示できている。シリーズの広がり感が見えない。

「ちびっ子デザイナー」
菊池 絋司(東京モード学園 ファッションデザイン学科)
アイデア概要

各パーツを組み合わせて洋服を完成させる玩具

審査員コメント

モード学園さんらしい提案。女児受けするテーマだが、本物感を求める年頃の子に訴求できるか。

表彰式

2010年12月7日(火)、コクヨ品川社屋において、優秀ひらめき賞に選ばれた学生4名と、 学校法人モード学園の青木理事など関係者をお招きし、表彰式を執り行いました。
プレゼンターはコクヨS&Tの森川社長がつとめ、緊張した面持ちで賞状を受け取る姿が印象的でした。 表彰式のあとには懇談会が催され、4名の学生がコクヨ社員にいろいろ質問をする場面も見受けられ、 教育・開発の双方に効果があったと実感。終始和やかな雰囲気で無事閉会となりました。

表彰式

表彰式後の懇親会の様子

表彰式後の懇親会の様子 表彰式後の懇親会の様子 表彰式後の懇親会の様子

集合写真

集合写真
ひらめき商品
このページの先頭へ