1. TOP
  2. 商品情報
  3. ステーショナリー・ストーリー
  4. 第6話 <ネオクリッツ>前編

第6話 <ネオクリッツ>

クルッとめくって、キリッツ!するペンケース!?

今回のストーリーは、ペンケース〈NEO CRITZ(ネオクリッツ)〉。使うときペンスタンドになるペンケースとして、2006年12月発売以来、親しまれています。高校から大学の男子学生向け商品として企画しましたが、実際のユーザは、社会人や女性にも広がっているようです。

商品名にある「クリッツ」とは、「クルッ」+「キリッツ(起立)」から生まれた造語です。ペンケースの生地を中央でクルッとめくって折り返した上で、ペンスタンドのように立てて使えることがネーミングの由来となりました。

「新しい」という意味の接頭語NEOをクリッツにつけました。それは、この商品より先に、初代〈CRITZ(クリッツ)〉が発売されていたためでした。

ペンスタンドになるペンケースの仲間たち

「ペンスタンドになるペンケース」として初めてクリッツが生まれたのは、ネオより7年前の1999年12月のこと。それまでなかったコンセプトが受け入れられて、文具店や専門店などで定番として扱っていただけるようになりました。

社会人男性向け商品としていた初代クリッツには、より小さいサイズへの要望が寄せられるようになり、2000年からは、プチクリッツというコンパクトサイズがラインアップに加わっています。 また、2005年にはWiLLアクティックというシリーズからも、ペンスタンド型のペンケースが登場します。こちらは生地を折り返すタイプではありませんが、ハード素材でしっかり自立するように仕立てられたものです。

こうして、クリッツ以降、プチクリッツ、WiLL…と、「ペンスタンドになるペンケース」が展開されていきました。

次へ

ペンケース<ネオクリッツ> 詳しくはこちら

Kokuyo S&T Show Case:ネットショップ「コクヨS&Tショーケース」でもお買い求めいただけます。

ステーショナリー・ストーリー

関連商品はこちら

  • クリッツ
  • プチクリッツ
  • WiLLアクティック
  • C2トレータイプ
  • Kokuyo S&T Show Case:ネットショップ「コクヨS&Tショーケース」でもお買い求めいただけます。

これまでのストーリー

第6話(7月1日)
ネオクリッツ
第5話(6月1日)
メディアパス
第4話(4月28日)
ハリナックス
第3話(4月1日)
ドットライナー
スタンプ
第2話(3月1日)
Wammy ワミー
第1話(2月7日)
キャンパスノート
<ドット入り罫線>

ページの先頭へ戻る