1. TOP
  2. 商品情報
  3. ステーショナリー・ストーリー
  4. 第3話 ドットライナースタンプ

第3話 ドットライナースタンプ

きっかけはママの声

封筒などを閉じるときには「ビーッ」とまっすぐ全面にのり付けすることが多いのですが、小さなレシートや伝票のような薄い紙を貼るのには、“ちょんちょん”と部分的にしかのり付けしない人が意外と多いことが調査の結果、分かりました。片手でカンタンに、小さい面積にのり付けできるものがあれば、「これ便利!」と言っていただける商品になると思ったのです。

理想形への試行錯誤

軽く押すだけでインクが付く“ハンコ”のような機構を目指しました。とはいえ、テープ状ののりをスタンプのような動きに変換しないといけないので、機構部分の作りこみにはとても苦労しました。
最終的に今のスタンプ転写構造“振り子ヘッド”が完成しましたが、転写ローラーヘッドの材質・サイズや、先端キャップ部分のラバーによる滑り止め+クッション機能なども、試行錯誤を繰り返しました。

スタンプサイズ

“ペンケースに入るコンパクトサイズが必須”という企画サイドからの強い要望があり、これが一番高いハードルでした。開発としては少しでも大きい方が設計・品質面で楽になりますので、お互いが納得する大きさにするのに時間を要しました。中身のテープも、従来よりもさらに薄いフィルムを新規に採用しています。おかげさまで、お客様に受け入れられる重要なポイントになり、完成した商品として好評価を得ることになりました。

女児を中心に大人まで夢中

押して転写する機構は完成したのですが、今度は「ふつうに引いて使うことはできないの?」との声があがりました。これに対し「スタンプ方式に特化してもいいのではないか」という意見もあったのですが、「両方使える方が絶対便利」と信じて、そのまま突き進みました。結果、キャップの開閉構造の設計にとても苦労しましたが、発売後の反響をみると、お客様にいい意味での驚きを与えることができたので、とてもよかったです。

次へ

ドットライナースタンプ 詳しくはこちら

Kokuyo S&T Show Case:ネットショップ「コクヨS&Tショーケース」でもお買い求めいただけます。

ステーショナリー・ストーリー

関連商品はこちら

  • シリーズ開発ストーリー
  • ドットライナーノック
  • ドットライナーシリーズ
  • Kokuyo S&T Show Case:ネットショップ「コクヨS&Tショーケース」でもお買い求めいただけます。

これまでのストーリー

第6話(7月1日)
ネオクリッツ
第5話(6月1日)
メディアパス
第4話(4月28日)
ハリナックス
第3話(4月1日)
ドットライナー
スタンプ
第2話(3月1日)
Wammy ワミー
第1話(2月7日)
キャンパスノート
<ドット入り罫線>

ページの先頭へ戻る