1. TOP
  2. 商品情報
  3. ステーショナリー・ストーリー
  4. 第2話 Wammy ワミー開発者メッセージ

第2話 Wammy ワミー

きっかけはママの声

「ひらめき」の素材としてブロックに注目した開発者が、ふと耳にしたママたちの声「女の子向けのブロックも欲しい」。グループインタビューの結果、「タテ・ヨコだけでなく自由につなげたい」「出来上がりに丸みが欲しい」「簡単にはめたり外したりできれば」「硬いのはいや」「かさばらないもの」「可愛らしい色」など、さまざまな要望が。ここから、ママ理想のブロックの追求が始まります。

理想形への試行錯誤

やわらかく、自由な造形が可能なブロック。実現のための試行錯誤が始まりました。
スポンジ状の素材や星型の形状など、試作→ヒアリングの繰り返し。やわらかすぎれば作品が崩れてしまい、硬すぎれば反発でピースが外れてしまう・・・。程良い硬さにたどりついたら、次は耐久性テスト。
長く楽しんでいただくために、何千回もはめたり外したり、地道なテストの連続でした。

輪を編むから「ワミー」

ママの声から1年、ようやく完成したのはポリエチレンの程良い柔軟性と点対称のシンプルな形状。真ん中に穴をあけたことで、ピースをくぐらせたりピース自体を変形させたり、従来のブロックにはない発展性が加わりました。(これは料理の手綱こんにゃくを思い出した 開発メンバーの「ひらめき」!)
輪を編むようにつなぐことから「ワミー」と名づけました。

女児を中心に大人まで夢中

可愛らしいパステルカラーは発売当初からママに人気!9割が男児といわれるブロック玩具市場にありながら、女児に好まれるブロック「ワミー」が誕生しました。
購入者アンケートによると少なくとも2割は「大人も楽しんでいる」と回答。2009年からは海外展開も始まり、年齢・性別・国籍を問わず選ばれている、新感覚のひらめきブロックです。

開発者のメッセージはこちら

Wammy(ワミー) 詳しくはこちら

Kokuyo S&T Show Case:ネットショップ「コクヨS&Tショーケース」でもお買い求めいただけます。

ステーショナリー・ストーリー

関連商品はこちら

  • つくって着れちゃう! Wammyおしゃれコーデ
  • Wammyベーシック たのしさひろがる基本のセット!
  • Wammy Sugarbubbles
  • Kokuyo S&T Show Case:ネットショップ「コクヨS&Tショーケース」でもお買い求めいただけます。

これまでのストーリー

第6話(7月1日)
ネオクリッツ
第5話(6月1日)
メディアパス
第4話(4月28日)
ハリナックス
第3話(4月1日)
ドットライナー
スタンプ
第2話(3月1日)
Wammy ワミー
第1話(2月7日)
キャンパスノート
<ドット入り罫線>

ページの先頭へ戻る