体験者レビュー 私たちも使ってみました

Vol.5 戸口葉子さん(税理士) 引きムラや、からまりがないから、事務処理もスピーディーにはかどります。 Profile:会計事務所勤務を経て、3年程前より個人事務所を開設。現在、中小企業の顧客を中心に、決算書類の作成や税務署等への申告書提出、さらに税務に関するコンサルティングなど幅広い業務を行う。
  • 体験者レビュートップ
  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3
  • Vol.4
  • Vol.5
  • Vol.6
  • Vol.7

引きムラがなく、からまない。テープのりの進化に驚かされた

領収書のスクラップなど事務処理で、液体のりを毎月1本使い切るというハードユーザーの戸口さん。事務作業のプロにドットライナーを使っていただき、感想をお聞きしました。

引きがいいから、スクラップ作業もスピーディー。紙のくっつきもなく仕上がりもキレイ「以前、一度テープのりを使ったことがあったんですが、途中でからまって使えなくなってしまって。"テープのりはキレが悪く、からむ"という印象が強く残り、ずっと使っていなかったんです。でも今回、ドットライナーを使ってみて"これは使いやすい"と素直に思いました。スーッと軽く引けて、 糸引きもないし、何といってもからまないのはすごく新鮮です。それに、 キレが良く、引きムラがないので最後までムダなく使い切れるので経済的ですね」

8.4mmの幅は、封筒の口のサイズにピッタリ。戸口さんは、効率良く領収書をスクラップするために、いろいろな種類ののりを試してきたそうです。「今まで使ってきたのりは、液体のり、スティックタイプなど様々ですが、のりがはみ出してページどうしがくっついてしまったり、湿って領収書の文字がにじんだり・・どれもみな一長一短で満足できませんでした。 でも、ドットライナーは今までの問題を全てクリアしてくれました。それに、のり付け作業がスピーディーにできるというのがうれしいですね。今までは "さぁ、貼りましょう"と台紙を置いて、のりがちゃんと出るかどうか確認して、ティッシュを用意して・・とストレスを感じていました。今は領収書とドットライナーがあれば後は貼るだけですから、すごく楽。封筒ののり付け作業も断然はかどります」ドットライナーは、封筒を貼るのにピッタリな幅なのでよく考えられている、と感心しきりの戸口さん。

すっきりしたデザイン、経済的なところも気に入りました

弱粘着タイプはメモや写真など、ちょっと貼るのに便利弱粘着タイプのドットライナーは、臨時の予定や大切な期日のメモを、カレンダーやパソコンなどに付ける時に使っています。

「メモや写真や名刺の裏にさっと引いて、そのままパッと貼れるから便利。パソコンに貼っても、はがした後がベタベタせず汚れもありません」

送信先を貼り替えれば、1枚の送信書で大勢に送れますまた、ファックス送信書をムダなく使う裏ワザも教えていただきました。
「同じ文書を大勢に送ったりする時は、送り先を書いた紙を弱粘着タイプのドットライナーで貼付けてファックスします。送り先を書いた紙を貼り替えれば送信書は1枚でOK。経済的でしょう(笑)」

仕事は効率良く、楽しく、というのが戸口さんのポリシー。事務用品のデザインにもこだわります。「使い勝手はもちろんですが、デザインも重要ポイント。 事務用品もおしゃれな方が使っていて楽しいですから。ドットライナーはデザインがすっきりしていてコンパクト。机の上に出しっぱなしでも違和感ないし、詰め替えも簡単。機能的なうえ、透明なケースはテープもよく見えるし、キレイで気に入りました。」

  • 体験者レビュートップ
  • Vol.1
  • Vol.2
  • Vol.3
  • Vol.4
  • Vol.5
  • Vol.6
  • Vol.7

ページトップへ