ドットライナーイメージキャラクター中川大志さんスペシャルインタビュー

実はコクヨのテープのりを学生時代から使われていたとのことですが?

高校生の時に友達がコクヨさんのテープのりを使っているのを見て、最初「なにそれ!?なにそんなカッコいいもの使ってんの?」ってなったんです。

僕、几帳面なところがあって、のりで貼り付けるときに机や手が汚れるのがすごく苦手なんですよ。初めてテープのりを使った時、「これ僕のためのものだな!」って(笑)
なんでこれを今まで知らなかったんだろうって思ったくらいです。
すぐに友達のマネして買って、そこからですね、使いだしたのは。それが僕とドットライナーとの出会いです(笑)

photo

ドットライナーのCMに出演された感想をお聞かせください。

今回のCMでは、“ドットライナーがキャラクターだったら”っていう役を演じさせて頂いたんです。
ドットライナーのスマートさを表現するようなスタイリッシュな空間で、僕が演じたようなちょっとファンタジーっぽいキャラクターがいて、シュールな演出があって…。
すごく好きな世界観でした。

「ドットライナー」としか言わないキャラクターなんですけど(笑)、友達からも「声が耳に残るから覚えちゃったよ!」って反響がありました。「よっしゃ!」って感じでしたね。

ドットライナーの魅力について教えてください。

手が汚れないっていうのが大きいですよね。
僕の中ではそこが画期的なポイントでした。楽だし、簡単だし、しっかり貼れる!

あと、これマニアックかもしれないんですけど、
使うときに「カチカチカチ」って音するじゃないですか?
あの音が気持ちよくて好きなんですよ。釣りで魚がかかった時の音に似てるんですよね(笑)

テープのりブランドナンバーワンである「ドットライナー」。長年の実績を積み重ねてきたという点で中川さんと共通点があるかと思うのですが、“小さな出来事の積み重ねが未来をつくっていく”というような、ドットライナーの理念に通じるものを感じられたことはありますか?

僕が日々大切だと思うのは、“止まらない、進み続ける”ということです。辛い時も苦しい時も、楽しくて駆け抜けている時も、とにかく一歩一歩進み続けていればいつかゴールにたどり着く。 でも、一度止まってしまったら、もうゴールに着く可能性はそこでゼロになってしまいますよね。

どんなスピードであろうと、決して足を止めずに少しずつでも進み続けることが、この先の自分、この先のゴールに繋がっていくんだと思います。

ペースはその時の自分次第でいいと思うんですよね。
すごくゆっくりな日もあれば、ダッシュしてる日もあったりして。
何年かして自分が歩いてきた道を振り返った時に、
「あ、ここまで自分の足で来れたんだな」って納得できるといいなって。

実はこれ、この間登山をした時に思ったんです。
どんなに山道が辛くても、どんなに小さな一歩に見えても、この一歩を出さなければ頂上にたどり着くことは一生出来ないんだって気づいた時、「あ、これって人生と同じだな」って思いました。
山を登っているときの一歩の積み重ねのように、日々の小さな気づきや進み続けることが、その先の大きな未来=ゴールに繋がっていくんだって感じました。

photo

今後どのような役者になっていきたいとお考えですか?

僕自身がなんでも手を出したい、色々やってみたいタイプなので、どんどん新しいジャンルに挑戦していきたいです。応援頂いている皆さんにも自分の新しい部分を見せていきたいし、その度に「こんな一面あったんだ」って驚いてほしいなって思います。

作品を見てもらった後に、「あ、あの役って中川大志がやってたんだ」って言われるのもいいなと思いますね。どの役者が演じた、ということより、その作品の中での存在感を大事にしていきたいです。

これから出会えるたくさんの作品の中で、色んな役柄を残していけたら嬉しいなと。
そこはこれから少しずつ広げていきたいです。
挑戦しがいもあるし、何より自分がやっていて楽しいという気持ちを大切にしたいです。

挑戦してみたい役はありますか?

エネルギッシュで、ちょっと狂気じみたようなキャラクターとか、感情を爆発させられるような役もやってみたいです。

ジャンル分けしてしまうと単純になってしまいますが、役、キャラクターって数限りない可能性がありますよね。あと今までは映像しかやったことないんですが、舞台にも今後挑戦したいなと思っています。

プライベートでも何か実現させたい夢などはありますか?

家族で海外旅行に行くことですね。
かなり前に行ったきりなので、いつか行きたいね~ってみんなで話してます。

めちゃくちゃ家族仲が良いんですよね、気持ち悪いくらい(笑)
親戚が北欧の方で飲食店をやっていて、冬はオーロラが見られるし、鮭が釣れるらしいんです!
北欧家具も好きだし鮭も釣ってみたい(笑)ので、ぜひ家族で行ってみたいですね。

photo
  • 1
  • 2
  • 3
コクヨドットライナーキャンペーンページ
ページトップへ