名刺の整理や管理にお困りではないですか? 名刺ブックα・名刺ファイルα <ノビータα>:名刺CamiApp 読み取りシート付き/名刺の整理や管理にお困りの方に名刺管理の新・提案

名刺管理に関する調査結果

今の名刺の整理方法に満足ですか?:会社員・公務員の方、1,000人に 「名刺管理」について聞きました!※コクヨS&T(株)調べ n=1034

現在の名刺管理方法は?:アナログ整理 88.6%理想の名刺管理方法は?:デジタルが理想 58.2%名刺のデジタル管理活用に興味がある?:デジタルに興味あり 68.3%

多くの方がアナログで整理していますが、デジタル管理にも興味を持っています!

そこで!

アナログ整理ができ、デジタル管理も可能にした追加式の名刺ブックΑ+名刺ファイルΑ!付属の名刺読み取りシートで、名刺を簡単にスマホでデータ化!

名刺ファイルα 名刺ブックαの特長を動画でチェック

名刺ファイルαの特長

  • 単品でも使える、厚さ4㎜の超薄型ファイル。
  • 1冊に名刺200枚を収容可能。
  • 6色カラー展開で、会社別やグループ分けに最適!
  • 「名刺ブックα」にセットして使えます。
  • 付属の名刺CamiApp読み取りシート(4枚用)で、スマホへのデジタル管理もできる。

メイ-NF10B・D・LG・R・YR・T(名刺CamiAppで4枚同時撮影可能 ※複数を1度に撮影しても、1枚ずつデータ化します。)

メイ-NF10B・D・LG・R・YR・T

名刺ファイルα商品ラインアップ

名刺ファイルα <ノビータα>

品番 メーカー希望
小売価格(税抜)
サイズ 外寸法
(高さ・幅・背幅)
台紙枚数 収容数
メイ-NF10B
メイ-NF10D
メイ-NF10LG
メイ-NF10R
メイ-NF10YR
メイ-NF10T
390円 A4 307・239・4㎜ 10枚 200名
  • 表紙/R-PP、ポケット・ジョイントパーツ/PP
  • ポケット/ヨコ入れ、黒台紙
  • 収容可能寸法/タテ58×ヨコ94㎜
  • 名刺CamiApp読み取りシート(4枚用)付き
  • 表紙色/B…青、D…黒、LG…ライトグリーン、R…赤、YR…オレンジ、T…透明

名刺ブックαの特長

  • 「名刺ファイルα」を最大6冊まで追加でき、1冊にまとめて整理!
  • 収容量に合わせて、背幅が変わるノビータ機能。
  • 最大1,200名の名刺収容力(200枚×6冊)。
  • 付属の名刺CamiApp読み取りシート(8枚用)で、スマホへのデジタル管理もできる。

メイ-NT20B・D(名刺CamiAppで8枚同時撮影可能 ※複数を1度に撮影しても、1枚ずつデータ化します。)

メイ-NT20B・D

名刺ブックα商品ラインアップ

名刺ブックα <ノビータα>

品番 メーカー希望
小売価格(税抜)
サイズ 外寸法
(高さ・幅・背幅)
台紙枚数 収容数
メイ-NT20B
メイ-NT20D
1,210円 A4-S 309・263・
約15~50㎜※
10枚×2冊 400名
(200名×2冊)

※名刺ファイルαが2冊セットされています。(メイ-NT20B:メイ-NF10B・T、メイ-NT20D:メイ-NF10D・T)

  • 表紙/R-PP、ポケット/PP
  • ポケット/ヨコ入れ、黒台紙
  • 名刺CamiApp読み取りシート(8枚用)付き
  • 表紙色/B…青、D…黒

(注)背幅が広くなった場合、外寸法の幅は少し小さくなります。

名刺αシリーズの特長

ジョイントレールとジョイントパーツで、ファイルαを追加・入れ替えできる「新機構の名刺ファイル」

  • 名刺ファイルα 名刺ブックα にセットしたイメージ

    名刺ファイルαを名刺ブックαに簡単に
    追加・入れ替えができます。

  • 名刺ブックα 2冊収容時はすっきりスリム、6冊収容時でもすっきりワイド

    収容量に合わせて背幅が変わるノビータ機能で、
    名刺が少ないときはスリムに、多くなっても
    すっきりワイド。

最大6冊までセット可能!!名刺ブックαに名刺ファイルαを追加していくことで、最大1,200名まで収容可能!

名刺ファイルα追加イメージ。最大1,200名まで収容可能

名刺のアナログとデジタルのダブル管理のススメ

名刺αシリーズなら、名刺のアナログ整理もデジタル管理も思いのまま!

会社ではアナログ管理

会社のデスクでは色分けしてファイルで整理!机上でファイルを広げ、大きく閲覧して検索。:カラーごとにグループ分け/1冊にまとめて管理

外出先ではデジタル管理:外出先ではスマホで、いつでもどこでも検索!

いつでもどこでもさっと確認!:スマートフォン、タブレット、クラウドサービスからいつでも簡単に確認できます。

さくさく検索できる!:撮影した名刺は、自動で傾きなどをきれいに補正してデータ化します。クラウドサービスにアップロードすると、情報の活用度が向上します。

ページトップへ