トップページ > 商品情報 > キャンパスハイグレード

Campus high grade

MIO PAPERの特長

コクヨ新開発の薄口用紙 ゲルインクボールペンに最適

01なめらかな書き心地

筆記時の書き心地は、紙表面のざらつき具合に関係します。MIO PAPERはツルツル過ぎず、ザラザラ過ぎない、ゲルインクボールペンでの筆記に最適な風合いを実現しました。


02インクの乾きが早く、にじみにくい

筆記乾燥性試験 ゲルインクボールペンで「正」文字を書き、5秒後に文字全体を手で1回擦過。

インクをすばやく吸収して乾くので、にじみを気にせず、サラサラ筆記できます。
左利きの人や縦書きの時にもおすすめです。


03軽い薄口なのに、裏うつりしにくい

キャンパスノートより20%軽いので、携帯に便利。従来の薄口用紙に比べて裏うつりしにくくしました(当社比)。


04手触りさらさら

多くの人に好まれる、しなやかでさらさらな手触りを実現。
ほどよくコシがあるので、心地よくページがめくれます。


05長期保存にも安心(中性紙・バージンパルプ)

耐光性に優れ、変色しにくいバージンパルプ・中性紙を使用。
長期保存にもぴったりです。


PAGE TOP

上質感としなやかさを表現した表紙デザイン

明るく柔らかな色合いとシャープなデザイン、特殊ニス加工により、「シンプル」「上質感」「しなやかさ」を実現しました。
(特殊ニス加工は、ノ-GG3A・GG3B・GG223A×3・GG223B×3を除く)


高級感あふれる扉紙付き

ページ1枚目には、インデックスとしても使える扉紙付き。確かな品質をご理解いただけるよう、コクヨオリジナル用紙の特徴を記載しました。
(ノ-GG223A×3・GG223B×3・ヒ-GG380・381を除く)


PAGE TOP

MIO PAPERの由来

澪

Mobile Ideal Original writing PAPER
“携帯性が良く『書く』に理想的なオリジナル筆記用紙”の頭文字をとった筆記用製品群の呼称です。


PAGE TOP

ゲルインクボールペンとは…

書く前は油性のように高粘度。筆記時にはさらさらの液状になり、なめらかに書けます。紙の上で再び粘度が高くなるので、水性に比べにじみにくいのが特長です。

オススメゲルインクボールペン HI-TEC-C


このページの先頭へ