合わせ名人3 FAQ

ソフトウェアの使用承諾条件

「合わせ名人3」を使用する上で、問い合わせの多い内容が記載されています。
ご不明な点など、問題解決にお役立てください。

旧バージョン(合わせ名人2など)との互換について

合わせ名人2など古いバージョンで作成したファイルを使うことはできますか?
旧バージョンの「合わせ名人2」「合わせ名人」で作成したファイルは、すべて「合わせ名人3」で使用できます。ただし、逆に「合わせ名人3」で作成したファイルを、旧バージョンのソフトウェアで開くことはできません。

インストールについて

Windows98で合わせ名人3はインストールできませんか?
できません。Windows2000以降が対応になりますが、動作を保証するレベルとなりますとXP,Vistaが対象となります。
インストール先を変更したいのですが、どのドライブでも良いのでしょうか?
インストール先はCドライブになるように初期設定されておりますので、変更はしないで下さい。用紙情報などのアップデートができなくなります。

「合わせ名人3」の起動について

起動の仕方は?
起動方法は2通りあります。
(1)デスクトップ上の「合わせ名人3」アイコンをダブルクリックする
(2)Windowsの【スタート】ボタンをクリックし、<プログラム>→<合わせ名人3>の順でクリックする
になります。

用紙について

最新用紙情報のアップデートは?
「用紙設定」画面内の「用紙情報の更新」ボタンをクリックしてください。または「合わせ名人3」サイトの「バージョンアップ/用紙情報更新」から、最新の用紙情報をダウンロードしてください。

文字の入力について

入力した文字の編集をしたいときには?
ラベル上の文字をクリックし、画面左の「文字入力」枠部分で編集してください。
ラベルの一片一片に異なる文字を入れるには?
ラベル一片ごとに異なる文字を配置したり、異なるデザインをしたい場合には、初期画面の「用紙設定」で用紙品番を選択後、「面の編集方法」にて「1面ずつ作成」を選択する必要があります。
入力した文字が「?」になってしまう。
パソコン内で使用できる文字の規格には「Font-JIS(日本のJIS規格)」と「Uni-Code(ユニバーサルフォント)」の2種類があります。「合わせ名人3」では日本国内で最も一般的な「Font-JIS」のみに対応しております。「Font-JIS」は日本の規格なのですが、文部省が定める第二水準までに該当する漢字のみの登録となります。従って、当ソフトではそれ以外の旧漢字などを検索して使用すると「?」と表示されてしまいます。一方、「Uni-Code」はそれら旧漢字も扱えるのですが、現在マイクロソフト社製のソフト(Excelなど)と一部の他社製品しか対応していないのが現状です。

図形の作成について

線の種類を“実線“以外にすると、線の太さが指定できません。
線や図形の周囲線に、破線や鎖線など実線以外のものを選択すると、線の太さは固定となってしまいます。ご了承ください。

画像の貼り付けについて

貼り付けられる画像サイズに制限は?
特に制限を設けてはいませんが、あまり大きなサイズの画像を扱うことに長けたソフトウェアではありません。ラベル面に貼り付ける画像として考えるとビットマップ(BMP)画像で「約1.3MB以内」、JPEG画像であれば圧縮率にもよりますが「約300KB以内」を目安としてください。これ以上大きな画像を貼り付けると、画像の切り替えや印刷のときに動作が著しく遅くなることがあります。とくにデジタルカメラから画像を取り込むときにはご注意ください。
貼り付けられる画像の種類は?
ビットマップ(BMP)、JPEG(JPG)、GIF、TIFF、Windowsメタファイル(WMF)、エンハンスドメタファイル(EMF)、アイコンファイル(ICO)の7種類です。Adobe Photoshop(PSD), Illustrator(AI/EPS), Paint Shop Pro(PSP)などのソフト独自のファイル形式には対応しておりません。
画像を丸く切り抜きたい
申し訳ございませんが、丸く切り抜く機能は対応しておりません。
貼り付けた画像の縦横比を変更したい
ラベル面に貼り付けた画像をクリックし、画面左下の「縦横比固定解除」をチェックしてください。サイズを自由に変更することができます。

差込機能について

差込に使うExcelのファイルはどのような形式に作るのが良いか?
「差込機能」を使うためには、まずExcelで差込用のデータを用意する必要があります。Excelデータを作成する際には以下の点に気をつけて作成してください。
  • Excelのファイル形式はOffice2003までの形式(*.xls)で作成する。
  • 横列(ABCD・・・のセル)の各々を項目として、縦行(1234・・・のセル)をレコード(データ)とする。
  • 一行目(縦行1のセル)の各項目に、そのデータの内容が分かるような「項目名」を入力しておくと良い。
  • 表中に表のタイトルなどは入れない(一行目に入れたりしない)。
  • 一行目を空白行にしない。
  • 一行目にはデータを入れない(二行目以降から差込まれる)。
  • エクセルの使用sheetの前に空白sheetを作らない(sheet1が空でsheet2から入力を始めるなどはしない)。
エクセルで作ったデータの差込み方法がわからない。
まず「面の編集方法」で「差込/ナンバリングを使用」がチェックされているかご確認ください。次に「差込/ナンバリングの挿入方法」で方向を選択します。「差込」をクリック「差込ファイル読み込み」で、「差込データファイルの場所」の「参照」をクリックし、差し込む(流し込む)ファイルを選択します。最後に「差込項目を挿入」で、「差込文字」を指定すれば完成です。
画像の差込方法が分からない。
前述のA:と同様に差込みを実施していただきますが、あらかじめエクセルシートには一つのセルに一つずつ、画像ファイル名を入力(コピー)しておいてください。
「画像ファイル名を指定する項目」の「項目1」で、画像ファイル名が入力されている列のタイトルを選択する(一片に2つ以上画像を差し込む場合「項目2」「項目3」も同様に選択する)。「画像ファイルがある場所(フォルダ)」の「参照」ボタンにて、実際の画像が保存されているフォルダを選択します。
「差込項目を挿入」の「差込画像」にて、画像ファイル名の列のタイトルをクリックすると差込が完成します。
Excelのセルに貼り付けた画像データを差し込むことはできますか?
申し訳ありませんができません。画像ファイルのみ別に保存していただき、前述の方法で差込を行ってください。
差込データのファイル取り込みができない。
Excelのファイル形式がOffice2003までの形式(*.xls)になっているかご確認ください。「合わせ名人3」ではOffice2007や2010の形式(*.xlsx)には対応しておりませんので、Office2003の形式に変換していただく作業が必要となります。

ナンバリング機能について

「ナンバー1~400まで」などと、指定して印刷ができますか?
存在するラベル全数にナンバリングがされ、ナンバーでの指定印刷はできません。Excelで各セルに任意のナンバリングを行い、そのExcelシートを差込すれば、任意のナンバリングの状態で出力されます。その後「レコードの選択」において不要なレコードのチェックを外せば印刷されませんので、指定したラベルのみ印刷することは可能です。
用紙のラベル枚数(面付数)以上にナンバリングできますか?
申し訳ありませんができません。用紙1枚ずつ、ナンバリングの開始番号を修正して作成してください。

印刷について

印刷がズレてしまう
原因として、以下のことが考えられます。
・用紙設定で選択している用紙品番と、実際に使用する用紙品番が異なる(ラベルサイズが同じでも余白等が異なる場合がありますのでご注意ください)。
→正しい用紙を選択しなおしてください。

・プリンタの給紙がうまくいっていない。一度にたくさんの用紙をセットすると正常に給紙されない場合があります。またラベルや名刺などは厚みがあるため、プリンタによっては厚み制限があり使用できない場合がありますので、ご確認ください。
→このような場合、実際に給紙がずれているのかを確認するため、普通紙をプリンタにセットし、印刷画面の「印刷オプション」の「面の枠を印刷」にチェックを入れて印刷をしてみてください。ラベルのカット位置が印刷されますので、ご使用になる用紙のカット位置と比較してください。普通紙で印字ずれが起きていなければ、ラベルの厚みなどが原因で給紙が正常にいっていないことが考えられます。

・プリンタドライバの用紙設定と「合わせ名人3」の用紙設定が一致していない(この場合には「印刷」ボタンをクリックした直後に「プリンタの用紙サイズが違います・・・」などのメッセージが表示されます)。
→「合わせ名人3」で設定したものと、同サイズの用紙をプリンタドライバ側でも選択し、再度印刷を実行してください。

・プリンタドライバ設定で「拡大・縮小印刷」が設定されている。
→原寸で作成されたデータが変倍されてしまい、ラベルの位置関係が崩れてしまいますので、これらの設定は必ず解除して使用してください。「フチなし印刷」でも同様のズレが発生する場合がありますので、その場合は「フチなし印刷」を解除してください。

・一般的なプリンタ印字では、1mm程度のズレは発生してしまいます。単純に全体の印字位置がずれているのであれば「印刷設定」の「印刷位置調整」の機能を使って微調整することができます。微調整も何度か試し刷りを必要としますので、付属のテストプリント用紙をコピーしてご使用ください。

作成したデータファイルについて

作成したファイルを別のパソコンへ移動するには?
ファイルを移動するときに注意しなければならないのは、使用されているフォントです。パソコンに登録されているフォントはパソコンの環境によって異なります。「合わせ名人3」で作成されたファイルにはフォントデータは含まれておりません。従って、作成されたファイルに使用されている同フォントが移動先のパソコンに登録されていないと文字化けが発生します。特に「欧文フォント」は種類も多いのでご注意ください。また、移動しようとしているファイルが差込機能を使用したファイルの場合、差込元となる(Excelなどの)データも移動しなければなりません。

トラブルシューティング

合わせ名人3を起動すると、強制終了のエラーが発生する。
原因として、以下のことが考えられます。
・本ソフトの仕様上、初回インストールの起動時に初期設定を行い、
(マイ)ドキュメントフォルダに、[KOKUYO合わせ名人3]フォルダを作成します。
[KOKUYO合わせ名人3]フォルダを削除、移動、名前の変更等、行うことで
問題が発生します。フォルダを削除された場合には以下の方法で復旧して下さい。
(1)(マイ)コンピュータ - Cドライブ - ProgramFilesの順で開示します。
(2)ProgramFiles内のKOKUYO合わせ名人3フォルダを右クリックしてコピーします。
(3)(マイ)ドキュメントを開き、フォルダ内で右クリックして貼り付けをします。
(4)合わせ名人3ソフトを起動して、動作を確認して下さい。

特定セキュリティソフトでの誤検出について

「合わせ名人3」を新規にダウンロードしたり、継続的に利用しているものを
開いたとき、ウィルス(例「トロイの木馬」)が検出されるのですが?
調査の結果、「合わせ名人3」側に問題はございませんでした(2009年12月現在)。使用されているセキュリティソフトのウィルス誤検出である可能性が高いため、この件に関しましては、ソフト供給元へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

お問い合わせの前に、以下の事項をご確認ください。
1.パソコン本体のメーカー名と機種名(型番)、OSの種類とバージョン
2.印刷に関するご質問の場合は、プリンタのメーカー名と機種名
3.具体的な症状や疑問点、不具合が再現するまでの手順

新着情報

ページトップへ