よくあるご質問・お問い合わせ | コクヨの手書き入力ソリューション

よくあるご質問お問い合わせ

よくあるご質問


CamiApp S について

データ化の仕組みは?
本体センサが、ペン先センサーの動きを読み取って手書き内容をデータ化します。
CamiApp S 本体から端末にどうやってデータを取り込んでる?
Bluetooth でデータを取り込んでいます。
ペンは専用?
センサが、入っているため専用となります。電池は不要です。芯は普通のボールペンなので、紙にボールペンで書く書き心地そのままです。
紙の帳票は専用?
他の用紙を乗せて書く事も可能ですが、専用帳票は、「SAVEボックス」等の印刷がされており、動作の保証がされています。
本体のバッテリーはどれくらいもつ?
約5日(1日2.5時間の会議使用を想定)です。
※使用条件によって異なります。
本体とスマートフォンをセットで持ち歩く必要がある?
本体に約100ページ分のデータを保存できるので、本体だけ持ち歩いて後からまとめてスマートフォンに取り込むことができます。
※取込み枚数に応じて、取込みに時間がかかります。
CamiApp S 1台につき、スマートフォンが1台必要?
スマートフォンが1台あれば、複数台使えます。ただし、Bluetooth は 1対1接続なので、接続したい CamiApp S 以外は、接続を切ってから、接続設定をしなおす必要があります。
文字認識精度はどれくらい?
個人差がありますが、自由記述で80%程度です。
記入フォームを「チェックボックス」にする、記入する文字を「数字」に限定するなどの工夫で認識精度を上げることができます。
対応OSを教えてください
iOS, Android に対応しております。
連携できるデータは何ですか?
画像データ(JPG, PDF)、文字認識結果(テキストデータ)となります。
CamiApp S とは何ですか?
CamiApp S の製品紹介ページへ

帳票サービス

帳票のサイズ展開を教えてください
A5 サイズ メモパッド版のみとなります。
帳票をカスタマイズすることは可能ですか?
はい。可能です。詳しくは各販売パートナーにお問い合わせください。

導入をお考えの方へ

サービスを開始するのに必要なモノは何ですか?
CamiApp S 本体(メモパッド)、専用帳票、専用アプリ、各種連携サービス
価格を教えてください
導入規模や提携するサービスによって価格が違うため各販売パートナーにお問い合わせください。
海外で導入できますか?
申し訳ありません。海外向け販売は行っておりません。
スマートフォンなどは付属されますか?
申し訳ありません。スマートフォン・タブレットはお客様でご用意いただく必要がございます。

連携サービス

kintone 連携について
「CamiApp S」専用の帳票用紙に記入することで、データが業務アプリケーション構築クラウド「kintone」に自動登録されます。詳細は各販売パートナーにお問い合わせください。
※帳票に合わせてkintoneアプリを設計する必要があります。
※別途kintoneの利用契約が必要となります。
SO-SOLA 連携について
「CamiApp S」専用の帳票用紙に記入することで、データがクラウド型ファイル共有サービス「SO-SOLA」に自動登録されます。詳細は各販売パートナーにお問い合わせください。
※別途SO-SOLAの利用契約が必要となります。
D-quick 7
「CamiApp S」専用の帳票用紙に記入することで、データが図面・文書管理システム「D-QUICK7」に自動登録されます。詳細は各販売パートナーにお問い合わせください。
※帳票に合わせてD-QUICK7のカスタマイズが必要です。
※別途D-QUICK7の利用契約が必要となります。

お問い合わせ

お問い合わせはお客様相談室にて承ります。
お問い合わせの際、「手書き入力ソリューションの件で」と一言お申し付けください。

お客様相談室へ
各種カタログお問い合わせ
ページトップへ