コクヨの手書き入力ソリューション

#
##

手書き入力ソリューションとは

手書き入力ソリューションは、「紙帳票に手書きする」従来の行為だけで、業務システムへのデータ入力を実現します。フォーマットや複写仕様にする等の紙帳票と、業務システムのカスタマイズ対応が可能です。
手間なくデータ化可能なノート<CamiApp S(キャミアップ エス)><CamiApp(キャミアップ)>シリーズ製品を活用した法人向けソリューションで、手書き業務の効率化を実現します。

イメージ図
CamiApp Sの詳細CamiAppの詳細

メリット・「紙帳票に手書き」だから

誰でも簡単に使える

1. 誰でも簡単に使える

管理者が初回の設定をしてしまえば、各入力担当者はスマートフォンやタブレットでの操作をせずに入力業務を完了することが可能です。
通常のノートに記録するのと同じように紙に書くだけでデータ化できるので、誰でも直感的に入力業務を完了できます。専用の機器の操作トレーニングを必要とせず、短期間での導入が可能です。
※CamiApp S の特長です。CamiAppの場合、データ化の際にカメラでの撮影操作が必要です。

「ながら記録」が可能

2. 「ながら記録」が可能

お客様と会話をしながら、
現場の確認をしながら、
作業を進行しながら、
さまざまなシーンにおいて、最低限の作業負荷での記録が可能な「紙に手書き」での入力なので、各担当者は本来業務に集中しながらの記録作業が可能です。また、業務システムへのデータ入力運用が可能なので、業務効率改善や顧客満足度の向上などの効果が期待できます。

3. 「紙」が残る

手書きで記入した原本が残るので、押印・サインした原本を残す、控えとしてお客様にお渡しするなど、複写式帳票のような活用が可能です。

各種カタログお問い合わせ
ページトップへ